【函館2歳S】 勝ったのはカシアス! 愛馬リンガラポップスは...

まさに、夏競馬真っ盛りです!!


7月の福島・中京・函館が終わりました。

函館の最終日には、
世代最初の重賞レース・函館2歳S(G3)
行われました。

ローマエ牧場からは、
未勝利戦を勝った【リンガラポップス】が
参戦です。


その他のレースを含め、
愛馬のレース結果を回顧していきましょう。



◆◆◆7月2日(日)◆◆◆


★福島6R 2歳新馬・芝1200(9頭)

サクライザベル】 牝 4月20日生

父  プリサイスエンド
母  サクセスイザベラ
母父 サクラバクシンオー
生産 伏木田牧場
馬主 坂田行夫
厩舎 伊藤正徳(美浦)

母は、元指名馬です。

 2007年 15位指名 サクセスイザベラ


1着 パッセ


 3着 【サクライザベル】(5番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


昨年の《 POGアンリミテッド 》で指名した
リシュリュー(地方4勝)の半妹です。

楽燕カップのエクストララウンド候補馬の
1頭でした。

好スタートから3番手の内側に付けて、
逃げ馬を見ながらレースを進めました。

勝ち馬・パッセと並んで直線に入りましたが、
残り200Mで突き離され、
結局は逃げ馬も交わせずに3着でゴール。

切れる脚は無さそうですが、
先行出来ればしぶとそうです。

夏のローカル競馬の間に勝ち上がりたいですね。



◆◆◆7月8日(土)◆◆◆


★中京5R 2歳新馬・芝1600(8頭)

ミッキーマインド】 牡 3月10日生

父  ディープインパクト
母  マイグッドネス
母父 Storm Cat
生産 三嶋牧場
馬主 野田みづき
厩舎 音無秀孝(栗東)




 1着 【ミッキーマインド】(1番人気)
  《 身内POG 》指名馬


抜群の好スタートでしたが、内の馬を行かせて、
4番手から先行集団をマークしながらの
レースでした。

外からマクり気味に直線に入ると、
残り200M過ぎには先頭に立ち、
そのまま押し切って1着でゴール!!

先頭に立ってからはノーステッキで、
ゴール前でも余裕が感じられました。

大物感は正直あまり感じませんでしたが、
鞍上の意のまま動ける「レース巧者」なタイプ。

次走は秋以降になると思いますが、
朝日杯FS(G1)を狙って欲しいですね。



◆◆◆7月9日(日)◆◆◆


★函館1R 2歳未勝利・芝1200(6頭)



 1着 【リンガラポップス】(1番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


3頭での先頭争いを制して、
逃げる形になりました。

先頭で直線に入ると、
自然な感じで馬群から抜け出し、
余裕のある手応えのまま、1着でゴール!!

自分の形でレースが出来れば、
かなりのスピードを持っていそうです。

次走の函館2歳S(G3)も期待出来そうで
楽しみです。



★中京1R 2歳未勝利・芝1600(9頭)



 1着 【シュバルツボンバー】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


スタート後は先頭集団に付けますが、
徐々に隊列が縦長となり、
離れた5、6番手でレースをします。

3、4コーナー中間から、
外を回って一気に押し上げ、
直線では軽々と先頭に立って後続を突き離し、
1着で余裕のゴール!!

今回のメンバーでは、力が違った感じでした。

上のクラスでも即通用しそうで、
次走も好走を期待したいと思います。



◆◆◆7月16日(日)◆◆◆


★福島5R 2歳新馬・芝1800(15頭)

ヘッドストリーム】 牡 2月18日生

父  ダイワメジャー
母  アシュレイリバー
母父 Mr. Greeley
生産 ノーザンファーム
馬主 犬塚悠治郎
厩舎 武井亮(美浦)

母と全兄は、元指名馬です。

 2006年 18位指名 アシュレイリバー

 2015年 17位指名 ヒルトンヘッド


1着 ノームコア


 9着 【ヘッドストリーム】(2番人気)
  《 第7回楽燕カップ 》指名馬
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


好スタートからダッシュを決めて
先頭に立ったヘッドストリームですが、
同じく好スタートだったノームコアに
道中はずっと絡まれっぱなし。

気が付けば2頭で他馬を引き離して
早いペースで逃げましたが、直線入口で
追い着かれると、ヘッドストリームは
馬群に沈んで行きました。。。

一方のノームコアは、悠々と先頭に立つと、
後続をドンドン突き放して独走でゴールイン。

中距離戦でデビューした
ヘッドストリームでしたが、
やや暴走気味に逃げまくってバテた様子を
見ると、距離短縮が必要かなと思います。

秋まで休養らしく、
成長した姿を期待しています。



★中京5R 2歳新馬・芝2000(10頭)

ワグネリアン】 牡 2月10日生

父  ディープインパクト
母  ミスアンコール
母父 キングカメハメハ
生産 ノーザンファーム
馬主 金子真人ホールディングス
厩舎 友道康夫(栗東)

母は、元指名馬です。

 2008年 4位指名 ミスアンコール




 1着 【ワグネリアン】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


今年一番欲しかった馬・ヘンリーバローズ、
注目のデビュー戦。

しかし、我が愛馬・ワグネリアンの
評価も上々です。

好スタートから先頭になったヘンリーバローズ
ですが、結局3番手に控えます。

ワグネリアンはその直後に付けて、
ヘンリーバローズのみをマークします。

前半1000Mが66秒の
ドスローなペースから、4コーナーで
一気にペースアップし、
早々とヘンリーバローズが先頭に立って
抜け出します。

ワグネリアンは、
ピタッとヘンリーバローズに張り付くように
一緒に抜け出し、後はこの2頭の
マッチレースとなりました。

他馬を5馬身置き去りにして、
ゴールまで競り合った2頭でしたが、
後ろから追い掛けた分だけ
勢いが良かったワグネリアンが
ハナ差前に出て、競り勝ちました。

今年一番のインパクトのある新馬戦でした。

2頭とも順調であれば、
大レースでも2頭の競り合いが見れそうで、
この先が楽しみです。



★中京6R 2歳新馬・芝1200(10頭)

フランシスコダイゴ】 牡 5月1日生

父  ヨハネスブルグ
母  セレスティアル
母父 アグネスタキオン
生産 タバタファーム
馬主 HimRockRacing
厩舎 加用正(栗東)

母は、元指名馬です。

 2009年 20位指名 セレスティアル


1着 テイエムスグレモン


 4着 【フランシスコダイゴ】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


フランシスコダイゴは、大きく出遅れ。

スプリント戦では致命的なハンデですが、
3、4コーナーでは捲り気味に上がって行き、
勝負の直線に向かいます。

直線に入ると、外に逃げる様子が随所で見られ、
フラフラした走りでしたが、
伸び脚自体は非凡なものを感じ取れました。

最後までしっかり伸びましたが、
やはり前半のロスを挽回するのは難しく、
4着でゴール。

薔薇一族らしく428キロと馬体も小さいので、
叩いて良化するかは疑問ですが、
早めに勝ち上がって欲しいですね。



◆◆◆7月22日(土)◆◆◆


★中京6R 2歳新馬・芝1400(14頭)

サンドクイーン】 牝 2月12日生

父  ゴールドアリュール
母  フィエラメンテ
母父 タニノギムレット
生産 ノーザンファーム
馬主 KTレーシング
厩舎 岡田稲男(栗東)

母は、元指名馬です。

 2010年 16位指名 フィエラメンテ


1着 アーデルワイゼ


 7着 【サンドクイーン】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


「砂の女王」と言う名の
ゴールドアリュール産駒。。。
芝でデビューとは驚きました。

スタート良く、2番手を追走します。

逃げ馬をマークするような良い形で
直線に入りましたが、
いざ追うと切れる脚が無く、
ジワジワとしか伸びず、馬群に沈みました。

走り自体は良い感じでしたし、
レース・センスもありそうなので、
現状ではパワー重視のダートが
向いているのかもしれません。



◆◆◆7月23日(日)◆◆◆


★福島1R 2歳未勝利・芝1200(13頭)


1着 ソイルトゥザソウル


 5着 【サクライザベル】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


デビュー戦と同様、
好スタートから逃げるのを控え、
2、3番手でレースを進めます。

4コーナーでの手応えも良く、
今回も勝てそうな気がしましたが、
追って伸びず。

逆にゴール前では、逃げ馬に突き放され、
後続にも交わされて、5着。

初戦と全く同じ様なセンスの
良い競馬でしたが、連敗。

次走は、大逃げや追込みなど、
思い切ったレースを期待しています。



★函館11R 函館2歳S(G3)
 ・芝1600(16頭)



1着 カシアス


 7着 【リンガラポップス】(7番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


前走は逃げて勝ったリンガラポップスですが、
今回は後ろに控えました。

道中は馬群の後ろを追走し、
4コーナーでは後方から3番手まで
下がったままで直線に入ります。

馬群に突っ込んで行く様にして追い上げを
開始しましたが、道中の位置取りがあまりに
後ろすぎた為、良い末脚は見せてくれましたが、
7着と掲示板も外してしまいました。

勝ったカシアスを始め、
上位入線した馬は先行勢ばかりなので、
前走同様に前に行って粘り込む競馬が
合っていたようです。

切れよりも粘り強いレースで、
次走は巻き返して欲しいですね。





【愛馬レース結果】 6月東京・阪神・函館 回顧

もうすぐ夏休み!!

(子供たちがマジ羨ましいです)


そして、今シーズンのPOGが始まって、
早くも1ヶ月半が経ちました。

更新が滞るのも甚だしいですが、
6月の指名馬の結果を振り返りたいと思います。



《 身内POG 》指名馬

スワーヴエドワード】 牡 3月14日生

父  エイシンフラッシュ
母  スルージエアー
母父 ダンスインザダーク


6/25 東京2歳新馬・芝1800 1着



白いシャドーロールが印象的でした。

スタートは普通でしたが、
若干馬が行きたがるような感じになり、
先行集団の後ろの位置に付けました。

落ち着いてからは、中団をゆったりと追走し、
良い手応えで直線に入ります。

残り200を切った辺りで、
馬場の中央を突き抜けて、
最後は抑え気味ながら見事1着でゴール!!

今期のPOG指名馬の、
嬉しい初出走・初勝利でした。

早くも休養が発表されましたが、
復帰戦は今回の距離・コースともに同じ
【東スポ杯2歳S・G3】に決まりました。

父も東京巧者だったので、
これからの延びシロが非常に楽しみです。



《 第7回楽燕カップ 》指名馬

ディバインブリーズ】 牡 5月3日生

父  ルーラーシップ
母  スズカモンスーン
母父 More Than Ready


6/3  阪神2歳新馬・芝1600  3着

6/24 阪神2歳未勝利・芝1600 2着

楽燕カップ指名馬の初出走でした。

(上記のスワーヴエドワードも指名馬です。)

小脚が使えないタイプというか、
2戦ともマイル戦のスピード勝負に
序盤で遅れてしまい、外を通って最後は
追い込むものの、内から抜け出した先行馬に
届かないというレースでした。

距離延長プラス長い直線でのレースを
見てみたいですね。



《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

リンガラポップス】 牡 5月3日生

父  キンシャサノキセキ
母  クラシックローズ
母父 コマンダーインチーフ


6/18 函館2歳新馬・芝1200 3着

母・クラシックローズは、元指名馬です。

 2003年 9位指名 クラシックローズ


薔薇一族に珍しい短距離馬で、1番人気でした。

スタートダッシュが付かず、
道中は強引にも思えるような行きっぷり。

直線入口では、先頭に並び掛けて行き、
最後は直線勝負!!

前半の勢いの良さが祟ったのか、
意外に伸び悩み、逃げ馬を捕えきれずに、
逆に勝ち馬・ナンヨープランタンに
後ろから一気に交わされ、3着でした。

追って味のあるタイプでは無さそうで、
今後もスタート次第で勝ち負けが決まりそうですね。



《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

ステルヴィオ】 牡 1月15日生

父  ロードカナロア
母  ラルケット
母父 ファルブラヴ


6/4 東京2歳新馬・芝1600 1着



半兄・ボルゲーゼは、元指名馬です。

 2014年 18位指名 ボルゲーゼ


スタートも良く、先行争いをする他馬の
すぐ後ろのポジションを取りました。

3、4コーナーでも特に慌てることなく、
4番手の内を追走しながら直線へ向かいます。

直線入口でスッと外に持ち出して、
徐々に先行する馬に並び掛けると、
残り200Mから一気に加速し、
そのまま2着馬を突き離して余裕のゴールイン!!

期待の新種牡馬・ロードカナロアの一番星
しっかりと輝きを見せてくれました。

レースっぷりからは、
2000Mぐらいまでは好勝負出来そうです。

次走のコスモス賞(OP)が非常に楽しみです。



マイネルキャドー】 牡 4月6日生

父  ディープブリランテ
母  モントレゾール
母父 Cadeaux Genereux


6/10 東京2歳新馬・芝1400  3着

6/24 東京2歳未勝利・芝1600 1着



半兄・ネージュドールは、元指名馬です。

池江パパの所有馬としても話題になりました。

 2014年 12位指名 ネージュドール


デビュー戦は3着。

直線で何度も前が壁になり、
馬群から抜け出すのに手間取っている間に、
外の2頭に遅れを取りました。

空きスペースに突っ込み、抜け出してからの
末脚はなかなか見どころが有りました。

2戦目は、若干立ち遅れたスタートでしたが、
大外から掛かったような感じで一気に先頭に立ちました。

道中は落ち着きを取り戻し、
リズム良く軽快に逃げて、直線へ。

直線半ばまでは、後続を一気に突き放し、
「こりゃ、一人旅の圧勝かぁー!!」と思いました。

最後は詰め寄られましたが、
何とかしのぎ切って1着でゴールし、
見事に2戦目で勝ち上がりました。

マイネル馬らしく、
2歳戦でガンガン稼いでくれそうで楽しみです。



シュバルツボンバー】 牡 2月21日生

父  ディープブリランテ
母  ショアー
母父 Acatenango


6/25 阪神2歳新馬・芝1800 5着

半兄2頭が、元指名馬です。

 2010年 11位指名 ショウナンバーズ

 2011年  5位指名 エックスマーク


「伝説の新馬戦」候補に相応しい、
好メンバーが揃いました。

スタート後、シュバルツボンバーは
中団後方に付けて、馬群を追走します。

先頭グループの3頭が、中団以下の馬たちを
ドンドン引き離して差を広げましたが、
3、4コーナーで大外を回り、
一気に差を縮めて直線に向きました。

良い脚で伸びて来ましたが、
残り200Mで余力が無くなったようで、
前を捕えきれず、5着に終わりました。

勝ったダノンプレミアムの強さが
目立ちましたが、2着以下の馬とは
それほど差は無いと思いました。

次走に期待します。



今シーズンのスタートは上々!!

新馬・未勝利で3頭が勝ち上がり、
残る馬も全て掲示板を確保

7月も素質馬が続々とデビューしそうで、
楽しみです。





14位指名 マイグッドネスの2015

ミッキーマインド】 牡 3月10日生

父  ディープインパクト
母  マイグッドネス
母父 Storm Cat
生産 三嶋牧場
馬主 野田みづき
厩舎 音無秀孝(栗東)


《 身内POG 》指名馬紹介の2頭目は、
今日(7月8日)デビューするこの馬です。

本馬は、数多くの活躍馬を輩出している
【ディープ×Storm Cat】の鉄板配合馬

加えて、母系に【Intent】と
【Raise a Native】を持っているのは、
桜花賞馬・アユサンと非常に似ています。


母マイグッドネスは、
BCジュヴェナイルフィリーズ(米G1)を
勝った名牝・Caressingの仔という良血馬です。

しかも、繁殖馬としても優秀で、
ダートG1馬・ダノンレジェンドを始め、
兄姉は全て2勝以上しています。

産駒はダート色が強いのは確かですが、
同じディープ産駒の
全姉・ミッキーグッドネスは
芝で2勝しているので、配合的にも
芝のマイル戦は絶好条件と思われます。


1週前の追い切りでは、
坂路51.7-13.0の好時計をマーク!

その週のデビューでも
勝ち負け出来てたと思いますが、
騎乗予定の松若騎手が騎乗停止となり延期。

そして、今週の追い切りでは、
同じく坂路で52.4-12.8をマークし、
仕上がりは万全!!

鞍上も福永ジョッキーで、
デビュー勝ちを期待出来そうです!!





脳内POGカップ 2017-2018 指名馬紹介

5月28日に、takashix78さん主催の

『 脳内POGカップ 2017-2018 』

に応募しました。


指名馬15頭の母馬名をメールで送るだけ
ですから、とってもお気軽な感じですが。。。


実は私、リスト提出型のPOGが苦手

「POGの醍醐味はドラフトの駆け引きに有り」

という思いが、どうしても抜けません。

「好きな馬どれでも選んで良いよ!」と
言われても、正直困ってしまいます。

かと言って、
個人的な思い入れ枠のみの指名では、
勝負する前から【負け組】確定ですし。。。



その時、☆☆☆ 閃きました ☆☆☆


ちょうど、『 第7回楽燕カップ 』
ドラフトに参加させて頂いており、
欲しいと思っていた馬を抽選負けしたり、
1順前に指名されたりと、一喜一憂。

もし、自分が指名した馬以外に、
各順で1頭だけ選んでいったら、
どんなメンツになるんだろうか??


名付けて、

【楽燕カップ ~ 勝手にスピンオフ企画 ~ 脳内POGカップ指名馬】


では、指名馬15頭を紹介してきます!!



<1位>

ヘンリーバローズ】 牡 2月5日生

父  ディープインパクト
母  シルヴァースカヤ
母父 Silver Hawk

 ⇒ ヒッポリト3号さん 1位指名

ジャンケンで負けて取り逃したこの馬を、
当然ながら選びました。

指名馬・アドミラブルも活躍したので、
今年は、母父Roberto系を積極的に
狙っていこう
と思っていました。

全兄・シルバーステートは、
OP特別すら勝ってないのに、
【幻のダービー馬】と呼ばれる程、
スケールを感じさせる馬。

調整も順調で、秋の阪神開催で
初陣を見れそうで楽しみです!!



<2位>

グラマラスライフ】 牝 1月31日生

父  ハーツクライ
母  プリティカリーナ
母父 Seeking the Gold

 ⇒ メタボファイヤーさん 2位指名

馬名の通り、筋肉質な迫力のある馬体で、
田村康仁厩舎が合いそう。

個人的にもハーツクライ牝馬の中では
1番手評価でしたが、この順位で取られると、
さすがに手が出ません。

Storm Cat、Seeking the Goldなど、
アメリカンな血脈がハーツにとても合いそうです。

厩舎の先輩・メジャーエンブレムを
超えて欲しいですね!



<3位>

パスティス】 牡 3月13日生

父  ハーツクライ
母  ハヤランダ
母父 Lando

 ⇒ ブルータスさん 3位指名

ジャパンCを勝ったLando産駒の母に、
父ハーツクライですから、
モロにダービー狙い確定!!

おまけに金子さんがセレクトSで
億超えで落札し、
【ハーツクライ・マスター】の須貝師が
管理するとなれば、そりゃ人気も出ますよ。

今年も、須貝厩舎のハーツ産駒は
どれも魅力的ですが、府中の直線が
1番似合う存在だと思っています。



<4位>

トウシンゴールド】 牡 3月31日生

父  ハーツクライ
母  カサブランカスマイル
母父 Ocean Terrace

 ⇒ キャリコさん 4位指名

ハーツクライ産駒の指名3連発となりました。

チリの最強牝馬の仔で、
千代田牧場の今年の一押し!!
(・・・オブザイヤーっぽい?)

それだけでも十分に魅力的ですが、
大好きな栗毛の馬体はピカピカに光っており、
走る姿を見るのが今から楽しみです!!



<5位>

レリカリオ】 牝 4月17日生

父  Malibu Moon
母  Unrivaled Belle
母父 Unbridled's Song

 ⇒ PIROさん 5位指名

マル外では、1番高く評価していた馬です。

想定より2~3順早く指名されてしまい、
ビックリしました。

母はG1勝ち馬で、
姉・Unique Bella(父Tapit)は
惜しくもリタイヤしましたが、
今年の米国牝馬クラシック路線の中心馬でした。

牧場関係者の評判も良く、
ダートはもちろんですが、
まずは芝レースを試して欲しいですね!!



<6位>

ステルヴィオ】 牡 1月15日生

父  ロードカナロア
母  ラルケット
母父 ファルブラヴ

 ⇒ yoshiwataさん 6位指名

新種牡馬・ロードカナロアの切込み隊長として、
今シーズン開幕週のデビュー戦を
見事に快勝しました。

やっぱり、セレクトセール前に
ヘタは打たないですね、ノーザンFは!!

ロードカナロア産駒では、
この馬か、母ハイドバウンドのどちらかは
指名したかったですが、間に合わず。。。

母系を遡れば、
シンボリルドルフとも同族になるので、
中距離までは充分に対応可能な気がします。

まずは2歳戦でどんな活躍を見せてくれるのか、
楽しみです!!



<7位>

ダノンポピー】 牝 3月2日生

父  ダイワメジャー
母  マネーキャントバイミーラヴ
母父 Pivotal

 ⇒ ベオアツさん 7位指名

デビューが早そうな牝馬
リストアップしていた中の一頭でした。

ファンディーナで一躍有名になった
母父Pivotalですが、
オペラハウスのようなバリバリ欧州系の
母父からメジャーエンブレムを出した
ダイワメジャーには、
かなり合いそうな配合です。

半兄ミッキーロケットが
本格化したのは3歳秋以降でしたが、
父が変わったこの馬には、
早期からの活躍を期待しています!!



<8位>

グレイル】 牡 3月7日生

父  ハーツクライ
母  プラチナチャリス
母父 Rock of Gibraltar

 ⇒ パルプンテさん 8位指名

レビュー:プラチナチャリスの2015


母プラチナチャリスは、元指名馬です。

 2008年 9位指名 プラチナチャリス


良血の母から、ついに
クラシックを狙えそうな大物牡馬
出ました。

ドラフトでも、出来ればもう1、2順
残ってくれてたら指名出来たのですが。。。

各POG本でもけっこう取り上げられて
いたので、さすがに無理でしたね。

500キロを超える大型馬ですが、
すらっとしたバランスの良い馬体をしており、
中距離以上で真価を発揮しそうです。

秋の京都デビュー(10月予定)が
とても楽しみです!!



<9位>

ヴァルディノート】 牡 2月6日生

父  ヨハネスブルグ
母  シシリアンブリーズ
母父 ゼンノロブロイ

 ⇒ 愚零闘武多さん 9位指名

ドラフトでは速攻系が
上手く指名出来なかったですが、
この馬も非常に欲しい1頭でした。

母は種牡馬・クロフネの半妹で、
本馬が初仔になります。

ヨハネスブルグの2歳世代は、
ホウライアキコやフクノドリームが
活躍した直後に種付けしたので、
産駒も多く楽しみです。

牧場や厩舎も、
「狙いは小倉2歳S」と表明しており、
夏場のデビューからエンジン全開での
活躍を期待しています!!



<10位>

ニッポンテイオー】 牡 3月5日生

父  キングカメハメハ
母  シルバートレイン
母父 Singspiel

 ⇒ スワロウテイルさん 10位指名


母シルバートレインは、元指名馬です。

 2005年 12位指名 シルバートレイン


全姉・アオイプリンセスをはじめ、
母の産駒は堅実に走っています。

2頭のG1馬(ブラックホーク、ピンクカメオ)
を産んだシルバーレーンに遡る血統は、
8位の【グレイル】と同じで、
この2頭には期待しています。

インパクトの強い馬名なので、
ドラフトではもっと下位でも指名出来る
(誰も指名しない?)と思っていましたが、
さすがに甘かった。。。

育成先の坂東牧場でも
「大きなところを狙える存在」と、
非常に評価が高いので、とても楽しみです!!



<11位>

ミッキーセレブ】 牡 1月25日生

父  ディープインパクト
母  レディジョアン
母父 Orientate

 ⇒ yoshiwataさん 11位指名

昨年猛プッシュした【ダノンオブザイヤー】の
全弟です。

ここまで指名したディープ産駒が、
1位の【ヘンリーバローズ】のみだったので、
若干の不安もあって指名しました。

ドラフトでも中位ぐらいから指名しようかなー
と思っていましたが、この馬名のせいで、
どうしても決断できませんでした。

評判倒れ(?)の馬の弟妹が実は名馬だった、
というのはPOGではよくある話なので、
当然ながら兄以上の活躍を期待しています!!



<12位>

グランドピルエット】 牝 2月5日生

父  ロードカナロア
母  ザレマ
母父 ダンスインザダーク

 ⇒ スワロウテイルさん 12位指名

牝馬の早期デビュー組を指名したいと思い、
ロードカナロア産駒では
この馬をリストアップしていました。

母ザレマは、マルカシェンクの半妹ですが、
ダンスインザダーク産駒ということから、
2~3歳時は中長距離向きと評価されて、
実際にオークスでは2番人気(10着)に
支持されました。

古馬になってからはマイル中心に使われ、
京成杯オータムハンデ(G3・芝1600)を
勝っています。

既にゲートも合格し、新潟デビューに向けて
順調に調整も進んでいるようなので楽しみです。

母が間に合わなかった桜花賞はもちろん、
人気で負けたオークスでも通用するような
走りを見たいものです。



ここで、問題が発生!!

『 脳内POGカップ 2017-2018 』
参加者募集の締切日・5月28日時点では、
『 楽燕カップ 』は12位までしか
指名が確定していませんでした。



あと3頭はどうしようか???



という訳で、少しルールを変更して、
残り3頭の指名は、自分の指名馬を除く
『 楽燕カップ 』の1位から12位までに
指名された残り全ての馬から
ピックアップすることにしました。

オリンピック・サッカーの
オーバーエイジ枠のようなイメージです(笑)



<13位>

スターリーステージ】 牝 4月12日生

父  ディープインパクト
母  スターアイル
母父 Rock of Gibraltar

 ⇒ パルプンテさん 1位指名

『 楽燕カップ 』1位指名馬20頭の中で、
唯一の牝馬であり、
今年のディープ牝馬の目玉的存在です。

堅実な母・スターアイルの仔の中でも、
代表産駒であるミッキーアイル以来の
ディープ産駒であり、
しかも今回は牝馬に出ました。

Danzig、Nureyevを持つ
スピード色が豊かな血統で、
全兄もマイルG1を2勝するぐらいなので、
むしろ牝馬の方がPOG期間内に活躍する
舞台(ステージ)は多そうです。

阪神JF、桜花賞、NHKマイルCを
全て勝つ
ぐらいのパフォーマンスを
期待しています!!



<14位>

ブレステイキング】 牡 4月12日生

父  ディープインパクト
母  シユーマ
母父 Medicean

 ⇒ スワロウテイルさん 1位指名

ドラフトでの1位指名を、
母シルヴァースカヤと最後まで迷った1頭です。

全兄ヘリファルテは、
昨年のPOG人気馬でしたが、
デビューが3歳4月まで遅れてしまい、
残念でした。

ただ、素質は確かで、
既に2勝しており、秋の大レースへ向けての
活躍が期待出来そうです。

その兄以上だと
当歳時から評価が高かった馬なので、
クラシック戦線の中心になる馬として
注目していました。

ところが、ドラフトの少し前に、
牧場側から「脚元の弱ささえカバーできれば」
とのコメントが出てきて、
少しトーンダウン。。。

全兄のこともあって
慎重になってしまいましたが、
秋後半~年明けぐらいでもデビューさえ
出来れば、十分巻き返せる力は有りそうなので、
やはり押さえておきます。

関東馬のエースとして、ダービーを狙います!!



<15位>

リバティハイツ】 牝 3月23日生

父  キングカメハメハ
母  ドバウィハイツ
母父 Dubawi

 ⇒ スワロウテイルさん 5位指名

母はDubawi産駒の良血馬で、
しかも米G1を2勝した活躍馬であり、
どうしても欲しかった1頭です。

ディープやハーツを父に持つ半姉2頭も
素質の高さは間違いなかったですが、
健康上の理由で残念な結果になっています。

今回はサンデー系から父がキンカメとなり、
牡馬並みの大型馬に変わり、
吉田照哉代表からも「超ピン」
評価が出ました!!

既に入厩し、ゲートも合格しており、
状態次第で早期デビューも可能なので、
デビューが遅かった半姉とは
全く別の「馬生」を歩みそうです。

日本の競馬界で【Dubawi】の血の力を
見せてくれることを大いに期待しています!!



こんな感じで、15頭を選んで見ました。

 ディープインパクト産駒 4頭
 ハーツクライ産駒    4頭
 キングカメハメハ産駒  2頭
 ロードカナロア産駒   2頭
 ダイワメジャー産駒   1頭
 ヨハネスブルグ産駒   1頭
 外国産馬        1頭


なかなかバランスの取れたラインナップです(笑)

全馬の活躍を期待しま・・・
したいところですが、
本当に大活躍されると『 楽燕カップ 』の成績が
非常にヤバくなるし、微妙なところですね。

でも、この15頭も
今年は応援していきたいと思います。





11位指名 スルージエアーの2015

スワーヴエドワード】 牡 3月14日生

父  エイシンフラッシュ
母  スルージエアー
母父 ダンスインザダーク
生産 ノーザンファーム
馬主 NICKS
厩舎 国枝栄(美浦)


《 身内POG 》の今年のドラフトも終わり、
今年のPOG指名馬も全て決定しました。

指名馬の紹介が遅々として進まない中、
明日(6月25日)デビューするこの馬から行きます!!


エイシンフラッシュは、3歳でダービーを、
古馬(5歳)で天皇賞(秋)を勝った名馬です。

特にダービーでは、
私の指名馬・ローズキングダムを
上がり32.7秒の鬼脚でクビ差交わし、
全国の薔薇一族ファンを失意のどん底に
貶めました。

今年の新種牡馬で、オルフェーヴル、
ロードカナロアの陰に隠れていますが、
私の好きなドイツ血統の母系を始め、
サンデーを持たないので、
優秀なディープ牝馬に配合出来る利点があり、
かなりの活躍を期待出来そうです。

何より、東京競馬場で見せたパフォーマンスが
秀逸で、産駒に受け継がれれば、
マイルからクラシックまで幅広く活躍馬が
出そうで楽しみです。


スルージエアーは、
あのディープインパクトを産んだ
ウインドインハーヘアの孫、
つまりディープの姪という良血一族の出身。

前期も、ダービー馬・レイデオロや
クイーンC勝ちのアドマイヤミヤビが大活躍し、
間違いなく、今最も熱い母系血統です。


しかし、ある理由で、
私は敢えてこの一族の指名を避けてきました。

ディープが他人の指名馬だったので、

「今さらディープの弟妹なんか指名できるか(怒)」

という気持ちもありましたが、
実は過去に1頭だけ、
ディープの姉・ライクザウインドの初仔を
指名したことがあります。


 2007年 3位指名 ブラックパンサー


シンボリクリスエスの初年度産駒で、
あの金子オーナーがセレクトSで
9千万円を超える高額で落札したとあって、
3位という早い順位で指名しました。

そういえば、ディープやキンカメの
セレクトSでの落札価格が7~8千万円
ぐらいだったことから、

「金子オーナーの落札馬は、1億円未満の価格帯が狙い目」

というPOG格言もありましたね。

馬名の通り、黒鹿毛のピカピカとした、
500キロ近い雄大な馬体で、
大いに期待していました。

ところが、暮れの阪神開催の新馬戦を
武豊騎手で予定していましたが、
直前で何と「ハ行」による除外。

そして、仕切り直しの
1月新馬戦(しかもダート)で15着と
大惨敗し、POG的には終了。。。

結局、もう1戦して引退となりましたが、
期待が大きかっただけに、
未だにこの馬名を見ると、
古傷がシクシク痛みます(泣)

そして本馬の母は、
この【ブラックパンサー】のすぐ下の半妹に
なります。


本馬をセレクトSで購入したNICKSさんは、
今年のダービー2着馬・スワーヴリチャードを
所有する勢いのある馬主ですし、
馬自身も2歳の春に急激に成長し、
評判も急上昇しています。

また、当初予定していた
秋の東京開催デビューから、
一気に初陣が早まったのは嬉しい誤算でした。

今年のPOGの初戦を、
ぜひ勝利で飾ってもらい、
私のトラウマを克服させて欲しいですね!!






プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR