【フィリーズR】 桜の最終権利 取ったど~!

桜花賞への最終トライアルである
フィリーズR(G2)が行われました。

先週のチューリップ賞(G3)と比較すると、
例年通り小粒なメンバーですが、
《 ローマエ牧場 》からは、

 アットザシーサイド

が、桜花賞の権利取りのために、
必勝を期して出走しました。

また、《 POGアンリミテッド 》指名馬
エース的存在である

 カゼノカムイ

が、2勝目を狙って復帰して来ました。


----------------------


◆◆◆3月12日(土)◆◆◆

★中京3R 3歳未勝利・ダ1400(16頭)

ゴルトシュミット】 牡
父  アドマイヤムーン
母  ジェニーリンド
母父 シングスピール

2012年 9位指名 アクレイムド

1着 ヤギリジャスパー


 13着ゴルトシュミット】(9番人気)
 《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


★中山6R 3歳500万下・
  ダ1200(15頭)


1着 ノーモアゲーム


 10着カゼノカムイ】(5番人気)
 《 POGアンリミテッド 》指名馬

デビュー戦と初勝利のレースで騎乗した
丸山元気騎手を配して、2勝目を狙います。

絶好のスタートでしたが、控えます。
先行集団の後ろの7番手に付け、
直線では内側を狙います。

良いポジションだと思いましたが、
いざ追ってみると、全く伸びてくれず、
着外に大敗しました。

外を回った馬たちが上位を占め、
結局勝ったのは、最後方から大外を回って
伸びたノーモアゲームでした。

カゼノカムイは、
《 POGアンリミテッド 》指名馬の中で、
コンスタントに走ってくれている
唯一の馬ですから、何とか期間内に、
2勝目を挙げて欲しいところです。


★中京10R フローラルウォーク賞
  (500万下)・芝1600(10頭)




 1着 【アストラエンブレム】(1番人気)
 《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 4着 【トレジャートローヴ】(5番人気)
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

珍しく好スタートのアストラエンブレムが
単騎で逃げます。

道中は常に、約1馬身のリードを保ちながら、
自分のペースで走り、先頭で直線に入ります。

2番手でマークしていたサトノマルスが
追いかけますが、差がなかなか縮まらず、
逆に中団に待機していたドゥーカが
最後に突っ込んで来ました。

しかし、アストラエンブレムは、危なげなく
先頭でゴールし、見事2勝目を挙げました。

トレジャートローヴは、道中はドゥーカと
並ぶように走っていましたが、
4コーナーで若干外に逃げるような動きで
差を付けられました。

最後は、良く追込みましたが、4着まで。

デビューからマイル戦ばかりを使われている
アストラエンブレムですが、春の目標は、
やはりNHKマイルCに決定したようです。

左回りも得意そうなので、
東京競馬場での走りが楽しみです。


◆◆◆3月13日(日)◆◆◆

★阪神1R 3歳未勝利・ダ1800(13頭)

1着 ミラクルユニバンス


 3着 【エンパイアブレイク】(2番人気)
 《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


★中山6R 3歳500万下・
  芝1600(12頭)


1着 キャプテンペリー


 4着 【キャニオンロード】(2番人気)
 《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


★阪神11R フィリーズR(G2)・
  芝1400(18頭)


1着 ソルヴェイグ


 2着 【アットザシーサイド】(1番人気)
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

アットザシーサイドは、好スタートでしたが、
やはり馬群の中団まで下げました。

一方、2番人気のキャンディバローズは、
逃げ戦法を取ります。

そのまま、大きく態勢は変わらず、
直線へ入ります。

懸命に逃げたキャンディバローズを
ピッタリとマークしていたソルヴェイグが
残り200Mで捕えて、先頭に立ちます。

その時点では、アットザシーサイドは
まだ5馬身以上は後方にいたので、
着外も正直覚悟しましたが、
そこから矢のような伸び
見せてくれました。

流石に、ソルヴェイグには届きませんでしたが、
キャンディバローズをきっちりハナ差捕えて、
2着を確保し、桜花賞の権利のみならず、
収得賞金も加算出来ました。

先週のマカヒキに続き、
《 ローマエ牧場 》の生産馬が、
クラシックに出走してくれるので、
とても楽しみです。

強敵揃いですが、末脚は一級品なので、
精一杯応援したいと思います。


----------------------


次週に出走を予定していた
皐月賞TR・スプリングS(G2)に

 サトノキングダム

の馬名が有りませんでした。

筋肉痛の為、あまり良い状態ではないので、
皐月賞は諦め、ダービー出走を目指すようです。

新星誕生を楽しみにしていただけに、
非常に残念です。

 プロディガルサン = 青葉賞
 サトノキングダム = プリンシパルS

今年の《 身内POG 》の上位指名馬は、
両頭ともに国枝厩舎なんですが、

 ダノンプラチナ
 カミノタサハラ
 ベストディール

など、過去の国枝厩舎のディープ産駒は、
どうもクラシック、特にダービーとは、
縁が薄いのでしょうか?

何とか、巻き返しを期待したいです。





スポンサーサイト

comment

コメントする

Secret


プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR