11位 ローズバドの2013 指名理由

ローズバドの2013 牝 2月16日生まれ
馬名【ロゼリーナ】

父  キングカメハメハ
母  ローズバド
母父 サンデーサイレンス
生産 ノーザンファーム
馬主 シルクレーシング
厩舎 藤原英昭(栗東)



[過去の指名馬の仔 指名枠その2]

この順位で指名しようと決めていました。

【ローザネイ】から始まる
ご存じ薔薇一族の本家本元の産駒ですが、
橋口弘次郎調教師が来年2月で定年を迎えるため、
藤原英昭厩舎の所属となるようです。


一族悲願のG1制覇を達成した元・指名馬の
【ローズキングダム】の全妹です。


 2009年 ローマエ指名 第4位 ローズキングダム


本馬の上の2頭(牝馬)が未勝利に終わったので、
二桁順位でも指名出来ると思っていました。


さらに、兄や姉のようにサンデーレーシング所属ではなく
本馬はシルクレーシングの募集馬となります。


これをどう考えるか?


期待値は下がるような気もしますが、
かえって新鮮さも感じます。

第10位指名の【パーシーズベスト】の
指名理由でも触れましたが、
シルクレーシングの血統レベルは
近年急激に上がってきているので、
改めて期待したいと思います。


ところで、薔薇一族の中で重賞を勝った馬を
整理してみると、

母ローザネイ

 【ロゼカラー】   牝 GⅡ1勝
 【ロサード】    牡 GⅡ1勝、GⅢ4勝
 【ヴィータローザ】 牡 GⅡ1勝、GⅢ2勝

母ロゼカラー(ローザネイの長女

 【ローズバド】   牝 GⅡ1勝、GⅢ1勝
 【ローゼンクロイツ】牡 GⅡ1勝、GⅢ2勝

母ローズバド(ロゼカラーの長女

 【ローズキングダム】牡 GⅠ2勝、GⅡ2勝、GⅢ1勝

繁栄している一族のように見えて
実は、3頭の牝馬の仔しか重賞を勝っていません。

しかも、【ロゼカラー】、【ローズバド】は
それぞれの母の一番仔(長女)であり
POG期間中に重賞を勝っている という
共通点があります。

当然ながら、繁殖牝馬として、今後一番期待出来るのは、
ローズバドの初仔ローザブランカ(牝)かもしれません。

ただし、ローザブランカは重賞を勝っていないので、
直系牝馬と認めるには少し不満もあります。


一族の出世頭【ローズキングダム】と同じく、
キングカメハメハを父馬に持つ本馬には、
競走馬として重賞を勝って、
また、母として薔薇一族の本流を
繋げて欲しいと願っています。


「バラの蕾(ローズバド)」から生まれた
「小さなバラ(ロゼリーナ)」が成長し、
大輪の花(桜花賞・オークス)を
咲かせてくれるでしょう!!






スポンサーサイト

comment

コメントする

Secret


プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR