【第四回POGデビルバージョン】 第3次ドラフト 指名馬紹介

久しぶりのブログ更新です。

dskさんの【POGデビルバージョン】も、
最終ドラフトが先日終了しましたが、
第3次ドラフトでの指名馬の紹介が
未だ終わってませんでした。

ホッカイドウ競馬では、
能検もスタートしましたが、
その中から、ピックアップした3頭を、
第3次ドラフトで指名しました。

今回は、その内の牡馬2頭を紹介します。


----------------------


<指名馬7・ホッカイドウ 能検枠①>

シャイニングサヤカの2015 牡 4月17日生
馬名【ソイカウボーイ

父  トビーズコーナー
母  シャイニングサヤカ
母父 キングヘイロー
生産 伏木田牧場
馬主 日吉伸人
厩舎 田中淳司(北海道)


3月16日能検 7R 49.7秒(1位)


今年最初の能検で、唯一50秒を切って
トップタイムを記録しました。

好スタートから2頭で並走状態のまま、
後続をどんどん引き離して行きます。

直線に入ってからは、
早々にバテた並走相手を置き去りにし、
最後までしっかりとした伸び脚を見せ、
2秒の大差を付けて1位で入線しました。


トビーズコーナーは、
快速馬・Danzigから続く血統で、
米国競馬の傍流の血脈が盛りだくさん!!
非常に魅力を感じる種牡馬です。


シャイニングサヤカは、
中央競馬でデビューするも、
勝てないレースが続きましたが、
6歳で門別・田中淳厩舎に移籍後は、
逃げ脚に磨きをかけて、
OP特別で勝利しました。


能検で早いタイムを記録する馬は、
早熟・短距離馬の可能性も高いですが、
中距離適性の有った遅咲きの母の仔なので、
母系のスタミナが上手く伝われば、
3歳以降も楽しみです。

伏木田牧場生産の
トビーズコーナー産駒と言うことは、
昨年指名した【リシュリュー】と同じなので、
それ以上の活躍を期待しています。



<指名馬8・ホッカイドウ 能検枠②>

キタノオハナの2015 牡 3月31日生
馬名【ディーエスパースン

父  スマートボーイ
母  キタノオハナ
母父 ナリタトップロード
生産 グランド牧場
馬主 秋谷壽之
厩舎 松本隆宏(北海道)


3月30日能検 4R 49.9秒(1位)


前記のソイカウボーイに続いて、
50秒を切る時計で駆け抜けました。

スタート良く飛び出しましたが、
すぐに抑えて2番手を追走。

直線手前では、
大外を回って馬なりで先頭に並び掛け、
直線の真ん中をグイグイと力強く伸び、
1着で入線しました。

首を上手く使った、
推進力のある走法が気に入りました。


スマートボーイと言えば、
「京都ダート1800の鬼」という
イメージがあります。

人気のレースでは惨敗するのに、
人気の無いレースでは鮮やかに逃げ切って
しまう【穴馬】でした。

正直、種牡馬になっていたのも
知らなかったですが、
グランド牧場のプライベート種牡馬として、
シブく頑張ってくれていました。


キタノオハナは、中央で1勝。

母の兄弟にも目立った活躍馬こそいませんが、
多くが地方で堅実に勝ち上がっています。

そして本馬の全兄・ダテオトコは、
現役で8勝の活躍馬です。


兄は、門別から川崎に移籍後、
中距離を走るようになって成績が伸びました。

父母の現役時代から考えても、
本馬も距離が伸びてからが勝負だと思うので、
南関東のクラシック戦線に進んで欲しいですね。





スポンサーサイト

comment

コメントする

Secret


プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR