ブロードアピールの2015

ブロードアピールの2015 牡 5月17日生
馬名【ビービーアピール】

父  ビービーガルダン
母  ブロードアピール
母父 Broad Brush
生産 坂東牧場
馬主 坂東牧場
厩舎 田中淳司(北海道)



【仮想】ローマエ牧場産の
今年の2歳馬をリストアップしていた時に、
ひと際目を引いたのが本馬です。



【レビュー】

本馬の半姉2頭は、元指名馬です。

 2007年 8位指名 カイゼリン

 2008年 4位指名 ミスアンコール


ブロードアピールは、
あの金子真人氏の所有馬が、
まだマル外中心だった時代の名馬です。

芝の重賞も勝っていますが、
主にダート短距離路線で活躍しました。

特に印象に残っているのが、
2000年の根岸S(G3)です。

最後方14番手から、長い東京の直線を
追い込み、上がり34.3秒という
芝並みの鬼脚を決めて、見事に勝利しました。


引退後は、ノーザンファームで繋養され、
毎年リーディング上位の種牡馬を相手に
繁殖生活を送っていましたが、
上記の指名馬2頭を含め、
特に産駒から活躍した馬を出していません。

母の競走成績からすると、
かなり物足りない成績で、私もいつしか
POGでの指名候補から外していました。


が、ここに来て、父ビービーガルダンです。

古馬短距離路線の名脇役だった
ビービーガルダンでしたが、
「種牡馬になれてたの?」と、
まずビックリ。

そして、生産者がノーザンFから
坂東牧場に変わっていたのにも驚きました。

まぁー、次々と良血牝馬が参入してくる
ノーザンFに、ずっと居座れる成績でもなく、
都落ちも止む無し...

ですが、最近の坂東牧場は、
ノーザンFの外厩も兼ねていそうなので、
まったく見捨てられた訳でもないかな?

どちらにしても、思い切った賭けに出たよな、
ブロードアピール!!


血統的な特徴を見ると、
ブロードアピールは、ヒムヤー系という
超アメリカン・マイナーな血統であり、
その祖父Ack Ackは、
ブルードメアサイアーとして多くの名馬を
輩出している、典型的な母系向きの血統です。


一方、父ビービーガルダンの母系は、
「南半球のノーザンダンサー」
呼ばれた大種牡馬【Sir Tristram】を
内包しています。

少なくとも、今の日本の主流血脈である
サンデー系、ミスプロ系を全く持っていない、
マイナーの極みのような配合。

そこが逆にカッコ良く、
こういう馬がサンデー系の良血馬を
打ち負かして活躍すれば、
かつてのオグリキャップブームに沸いた、
競馬を知り始めた頃の熱い気持ち
思い出しそうです。

(以上、中年の主張でした笑)


地方デビューですが、
勢いのある田中淳司厩舎らしいので、
趣味枠以上の期待を持って、
指名を検討してみます。






スポンサーサイト

【愛馬レース結果】 どうなる? 楽燕カップの指名馬たち

スワロウテイルさん主催の

 《 第6回楽燕カップ 》

に、初めて参加させてもらってます。

例年に増して楽しいPOGライフですが、
年が明けて、どうも雲行きが怪しい...

エース馬・ヴァナヘイムの骨折に始まり、
勝ち上がった馬が昇級戦で、軒並み掲示板
すら載れずに、負け続けています。

順位も右肩下がりで、
目標のAクラスも危うい状況です。

幸いなことに、
トライアルで来期の権利が取れている

(スワロウさん、優先枠を
 1枠間違ってくれて感謝です!!)


のですが、テンションは下がる一方...

これ以上負け続けると、
今年は終戦を迎えてしまいそうです。


----------------------


◆◆◆2月18日(土)◆◆◆


★小倉3R 3歳未勝利・芝1800(16頭)

 1着  ブライトムーン

 6着 【タンタグローリア】(1番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔



★京都4R 3歳新馬・ダ1800(16頭)

 1着  アスターゴールド

 6着 【サーワシントン】(2番人気)
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬



★小倉5R 3歳未勝利・芝2000(18頭)

 1着  ドリームソルジャー

 17着サトノポラリス】(11番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔



★京都5R 3歳未勝利・芝1800(13頭)

 1着 【アドマイヤロブソン】(1番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


昨年の指名馬・アドマイヤダイオウの全弟です。

デビュー戦は、圧倒的な人気でしたが、
直線で切れ負けして、3着に敗れました。

万全を期して迎えた2戦目は、
中団待機から長く良い脚を使って、
ゴール前もしっかり伸び、見事に初勝利。

兄よりも末脚は切れそうで、
昇級しても楽しめそうです。



★東京5R 3歳未勝利・芝1800(16頭)

 1着  ドリームマジック

 8着 【ミッキークルソラ】(11番人気)
  《 身内POG 》指名馬
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔



★東京9R フリージア賞(500万下)
 ・芝2000(13頭)


 1着  トリコロールブルー

 7着 【ダノンオブザイヤー】(7番人気)
  《 身内POG 》指名馬
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬
  《 POGアンリミテッド 》指名馬
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔



◆◆◆2月19日(日)◆◆◆


★小倉1R 3歳未勝利・ダ1700(16頭)

 1着  アドラメレク

 9着 【タルガ】(5番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★東京2R 3歳未勝利・ダ2100(16頭)

 1着  エムオーグリッタ

 5着 【ヨシヒコ】(8番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★東京6R 3歳500万下
 ・芝1600(16頭)


 1着  ランガディア

 4着 【ロジムーン】(8番人気)
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 9着 【キャナルストリート】(5番人気)
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 12着エバープリンセス】(12番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


平場のマイル戦に3頭出し。

特に、キャナルストリートは、
先週のクイーンCを除外となり、
桜花賞に向けて、仕切り直しの1戦でした。

道中は、中団やや後方で脚を矯めて、
直線での末脚爆発を期待しましたが、
案外伸びずに9着。

ハイレベルのアイビーSの結果からも、
期待が大きかったですが、
4ヶ月振りの実戦で、反応がイマイチでした。

逆に、ロジムーンは後方2番手から
最速の上がり時計で4着。

前走の中山に比べて、いかにも東京向き
走りで巻き返してきました。

NHKマイルC(G1)の舞台に、
何とか立って欲しいものです。



----------------------


●今週の結果

 出走頭数11頭 (1-0-0-10)


●本年の結果(通算)

 出走頭数76頭 (7-6-8-55)





【愛馬レース結果】 フローレスマジック...ミヤビに完敗

昨年暮れの、阪神JFの上位2頭

 ソウルスターリング
 リスグラシュー

彼女たちに続く【第3の女】決定戦となった
クイーンC(G3)に、
《 身内POG 》指名馬の2頭が出走しました。

 フローレスマジック
 ディヴァインハイツ

除外馬も多数出た、
ハイレベルな注目の一戦となりました。


----------------------


◆◆◆2月11日(土)◆◆◆


★東京4R 3歳未勝利・芝2400(16頭)

 1着  サーレンブラント

 5着 【イタリアンホワイト】(12番人気)
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬



★京都5R 3歳未勝利・芝2000(16頭)

 1着  マナローラ

 9着 【ダニエリカズマ】(7番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★東京5R 3歳未勝利・芝1600(16頭)

 1着  マンハイム

 6着 【ジェイケイオジョウ】(1番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★東京6R 3歳500万下
 ・芝1400(16頭)


 1着  ファンタジステラ

 7着 【トリリオネア】(1番人気)
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬



★東京11R デイリー杯クイーンC(G3)
 ・芝1600(16頭)


 1着  アドマイヤミヤビ

 3着 【フローレスマジック】(2番人気)
  《 身内POG 》指名馬

 13着ディヴァインハイツ】(6番人気)
  《 身内POG 》指名馬
  《 POGアンリミテッド 》指名馬
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


指名馬の2頭出しとなりましたが、
なかなかの豪華メンバーが揃いました。

フローレスマジックはスタートも良く、
中団のやや前に付けました。

1番人気のアドマイヤミヤビも、
道中からほぼ並んだ状態で追走します。

直線に入って、残り300M辺りから、
2頭併せ馬の状態で追い出し始めましたが、
「アッ」と言う間の一瞬で、
アドマイヤミヤビに突き離されました。

先に抜け出したアエロリットにも追い着けず、
3着に終わりました。

プラス18キロで馬体に余裕も有りましたが、
やはり重賞での3着は悔しく、
良い形でクラシックを迎える為にも、
せめて2着は確保して欲しかったです。

今後のローテーションが気になります。

一方のディヴァインハイツも、
4コーナーまではフローレスマジックと
同じような位置取りでしたが、
直線に入った後は余力も無く、大敗でした。

こちらはマイナス18キロで、輸送の影響や
レース経験不足が原因かと思います。

きっちり自己条件から再出発して、
オークスを狙って欲しいですね。



◆◆◆2月12日(日)◆◆◆


★東京1R 3歳未勝利・ダ1400(16頭)

 1着  ロードナカヤマ

 2着 【ミンネザング】(3番人気)
  《 POGアンリミテッド 》指名馬
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



◆◆◆2月13日(月)◆◆◆


★小倉1R 3歳未勝利・ダ1700(16頭)

 1着  ワタシノロザリオ

 9着 【ナリノスマイル】(10番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★小倉4R 3歳未勝利・芝2000(14頭)

 1着 【ミッキーロイヤル】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


代替競馬となった小倉競馬場開催。

先行集団に付けたミッキーロイヤルが、
逃げたウインベラシアスに直線入口で並び掛け、
叩きあいの末、競り落として
初勝利を上げました。

日本の菊花賞にあたる、
独セントレジャー(独G2)を牝馬ながら
勝った名牝である母に、
久々の勝利をプレゼントしました。

本格派はまだまだ先かと思いますが、
距離が伸びて良さそうな血統なので、
ぜひ菊花賞制覇を目指して欲しいです。



★小倉10R あすなろ賞(500万下)
 ・芝2000(12頭)

 1着  モーヴサファイア

 10着スリーミスヨハネス】(12番人気)
  《 POGアンリミテッド 》指名馬
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



----------------------


●今週の結果

 出走頭数10頭 (1-1-1-7)


●本年の結果(通算)

 出走頭数65頭 (6-6-8-45)





【愛馬レース結果】 アドマイヤローザ...初マイルは2着

映像を使わせてもらっていた
YouTubeチャンネルが停止されてしまいました。

以前から自分でも、
ブログがコテコテしてきたと感じていたので、
この機会に映像を載せるのを
しばらく止めてみます。


【シンプル・イズ・ベスト】


で、今後も更新を続けられる様に頑張ります。


----------------------


◆◆◆2月4日(土)◆◆◆


★東京3R 3歳未勝利・ダ1600(16頭)

 1着  ロージズバード

 3着 【プレゼンス】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔



★京都5R 3歳未勝利・芝1600(16頭)

 1着  キスミーワンス

 10着シャイニングスカイ】(12番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 13着アオイサンライズ】(10番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★東京5R 3歳未勝利・芝1400(16頭)

 1着  モアナ

 15着エクスミッション】(16番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★京都6R 3歳未勝利・芝1800(16頭)

 1着  グラットシエル

 11着アスティル】(10番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔



★京都10R エルフィンS(OP)
 ・芝1600(10頭)


 1着  サロニカ

 2着 【アドマイヤローザ】(2番人気)
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬


3番人気のサロニカが逃げて、
アドマイヤローザは予想に反して、
逃げ馬をマークして先行します。

直線に入って、並び掛けようとしましたが、
サロニカの脚に余裕が有り、
最後は逆に突き離され、2着まで。

1番人気のミリッサが、
直線だけで最後方から猛烈な追込みを見せ、
3着まで来たのが目立ちました。

戦前からオークス向きと言われた
アドマイヤローザには、
マイル戦は少し忙しすぎたのかもしれません。

賞金も加算出来ず、
桜にこだわるべきかどうか、悩む結果でした。



◆◆◆2月5日(日)◆◆◆


★東京3R 3歳未勝利・ダ1600(16頭)

 1着 【ダイワエトワール】(4番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

 12着ブリスアンドラック】(2番人気)
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬


好スタートから2番手につけた
ダイワエトワールが、直線で他馬を突き離し、
完勝しました。

エンパイアメーカー産駒らしく、
ダートで一変しました。

この血統は母の現役時代と同じく、
先行して粘りきるレースが合っている様です。

一方のブリスアンドラックは、
スタートでの出遅れが全てでした。

最内枠でこのレース展開は厳し過ぎ、
今回は度外視出来ると思います。

次走あたりは、芝に挑戦して欲しいかな?!



★京都5R 3歳未勝利・芝2200(16頭)

 1着  カラル

 14着ザウォルドルフ】(4番人気)
  《 身内POG 》指名馬



----------------------


●今週の結果

 出走頭数9頭 (1-1-1-6)


●本年の結果(通算)

 出走頭数55頭 (5-5-7-38)





【第四回POGデビルバージョン】 第1次ドラフト 指名馬紹介(その2)

前回は、海外イヤリングセール出身の
2頭を紹介しました。

 Unrivaled Belleの2015 牝

 Mary's Angelの2015 牡


2頭とも、中央競馬(JRA)の厩舎に
所属する予定なので、芝で活躍すれば、
もしかすると【POGデビルバージョン】的には
「外れ」になるかもしれません。


そういう意味では、
今回紹介する地方競馬所属の2頭の方が、
活躍が直接ポイント獲得につながるので、
期待値は当然高くなりそうです。


----------------------


<指名馬3・南関東所属枠>

クラーベセクレタの2015 牝 5月3日生
馬名【未定】

父  ゴールドアリュール
母  クラーベセクレタ
母父 ワイルドラッシュ
生産 ノーザンファーム
馬主 社台Gオーナーズ
厩舎 未定


正直なところ、交流重賞以外の地方競馬は、
全く知らない【ビギナー】でございます。

dskさんのブログを頼りに、
ただいま猛勉強中!!!

ただし、本馬の母クラーベセクレタは、
こんな素人の私でも名前を知っている、
南関東の名馬です。

牝馬ながら、
当時は地方に所属の戸崎圭太騎手を背に、
羽田盃、東京ダービーの2冠を勝った
いわゆる【女傑】でした。

特に3歳時は、薬物使用で失格となった
ジャパンダートダービー以外はほぼ無双状態で、
NAR3歳最優秀牝馬に見事に輝きました。

そして引退後に、
地方競馬のリーディング種牡馬である
ゴールドアリュールを種付けし、
産まれた初仔が本馬です。

よく現役時代に男勝りの活躍をした牝馬は、
母としてなかなか活躍馬が出ないことも
多いですが、母のスケールを考えれば、
そのリスクを負ってもチャレンジしたい
魅力に溢れています。

配合的には、
今はやりのHalo3×5のクロスを持っており、
芝にも対応出来る軽さもあると思いますが、
南関東の所属となれば、
ぜひ母が達成出来なかった【3冠馬】
目指して欲しいですね。



<指名馬4・北海道所属枠>

コスモジャイロの2015 牝 4月6日生
馬名【コスモウーノ

父  カネヒキリ
母  コスモジャイロ
母父 Macho Uno
生産 ビッグレッドファーム
馬主 ビッグレッドファーム
厩舎 田中淳司(北海道)


地方競馬の入門編とも言える
【ホッカイドウ競馬】

能検(能力検査成績)など、
デビュー前の情報も比較的得やすく、
ここから何とか活躍馬を指名したいと思い、
昨年の【POGアンリミテッド】では
この2頭を指名しました。

 リシュリュー

 ミルグラシアス

2頭ともに、
デビュー戦(JRA認定フレッシュ)を快勝し、
重賞戦線での活躍を期待しましたが、
現状は伸び悩み気味です。

そして、現3歳世代の
【ホッカイドウ競馬】の活躍馬を見てみると、
狙うキーワードが結構限定出来そうです。


①田中淳司厩舎管理馬

 ローズジュレップイーグルパス など

②サウスヴィグラス産駒

 ピンクドッグウッドアップトゥユー など

③グランド牧場生産馬

 ②の2頭に加えて、
 ヒガシウィルウィンバンドオンザラン など


プロフィール的に注目したいのは、
上記の3項目かな、と思います。


そして本馬は、リーディング厩舎の
田中淳司師の管理馬です。

この時期は、所属厩舎がまだ決まっていない
(明らかにされていない)馬も多い中で、
いち早く田中淳厩舎に登録されているだけで、
充分指名を検討するに値します。

父はダート界のディープインパクトと
言われた【カネヒキリ

母【コスモジャイロ】は
Macho Uno産駒のマル外で、
自身は芝で1勝しただけですが、
Mr. Prospector4×4を持っているので、
仕上がりの早さを仔に伝えそうですし、
ダートにも向きそうです。

ぜひ、【ホッカイドウ競馬】の開幕戦から、
ガンガン活躍してくれることを期待しています。





【第四回POGデビルバージョン】 第1次ドラフト 指名馬紹介(その1)

振り返ると、

2015年

 dskさん主催【POGアンリミテッド】に参加

(ぶっちぎりの最下位に終わる...)

2016年

 スワロウテイルさん主催【楽燕カップ】に参加

(トライアル補欠の繰り上がりですが、何か?)



そして、2017年1月...

dskさん主催
【POGデビルバージョン】に
参加することにしました!!


地方競馬、海外競馬に特化した、
玄人肌の猛者が集う、
POG界のガチンコ異種格闘技(?)です。

父サンデーサイレンスや社台グループに
頼り切ったゆるーいPOGを
無駄に長く続けてきた私にとって、
今までは決して踏み込めない世界でした。


ところが、今年は大幅なルール変更があり、
早くも1月からドラフトがスタート。

第四回POGデビルバージョン 募集要項

さすがにこの時期なら、
2歳馬情報もまだまだ少ないので、
プロフィール重視の指名になると思われ、
素人でもどうにか戦えるのではないかと。

何より、ドラフト大好きの私にとっては、
POGシーズン半ばの今、
4回もドラフトが出来ることが、
鳥肌が立つほど、楽しみです。


----------------------


<指名馬1・イヤリングセール牝馬枠>

Unrivaled Belleの2015 牝 4月17日生
馬名【レリカリオ

父  Malibu Moon
母  Unrivaled Belle
母父 Unbridled's Song
生産 Brushwood Stable(米)
馬主 ノースヒルズ
厩舎 矢作芳人(栗東)


英ダービーやケンタッキーダービーなどの
海外G1レースから、
九州産馬限定OPレースまで、
幅広い選択肢のどこを狙うべきか?

海外デビュー馬を指名しても、
追い続ける自信が全く無いので、
基本は国内デビュー馬から選ぶつもりですが、
本馬に関しては、
「海外遠征」「海外レース制覇」を
期待出来ると思っての1番手指名です。


2016キーンランドセプテンバーセールで、
55万ドルの高値で落札。

Unrivaled Belleは、
BCレディーズクラシック(米G1)の
勝ち馬です。

同レースでは、ブラインドラック
パーシステントリーといった、
G1勝ちの輸入繁殖牝馬を降しています。

また、半姉Unique Bellaは、
今年初めのサンタイネツS(米G2)を
圧勝しており、名牝となる可能性大。

牝系の勢いも有り、本馬も期待出来そうです。


Malibu Moonは、なぜか牝馬に活躍馬が多く、
米国ではG1レースを勝った名牝を
数多く輩出しています。

日本では、全日本2歳優駿(G1)優勝の
オーブルチェフが活躍。

しかも、オーブルチェフのオーナーは
ノースヒルズの前田幸治氏なので、
Malibu Moon産駒を見抜くコツを持ってるかも!


そして、【デビルバージョン】では、
地方競馬でのポイント獲得が必須なので、
ダート適性はかなり重要です。

本馬は、Mr. Prospector3×5があり、
仕上がりも早そうで、
父母の競走成績・繁殖成績からも、
ダートでスピードを活かすタイプだと思います。


また、矢作師は、管理馬の特性を見抜くのが
上手で、活躍出来る条件のレースが有れば、
地方・海外遠征にも積極的ですから、
まずは交流重賞で活躍し、その後は海外の
大レースにもチャレンジしてくれそうです。

アメリカのダートへの適性が高そうな血統で、
厩舎、オーナーも海外遠征の実績も豊富なので、
当たれば、かなりの飛距離が出そう。


個人的には、
通常ルールでは指名しないタイプですが、
【デビルバージョン】ならではの大活躍を
期待しています。



<指名馬2・イヤリングセール牡馬枠>

Mary's Angelの2015 牡 2月26日生
馬名【ダディズテソーロ

父  Scat Daddy
母  Mary's Angel
母父 ハットトリック
生産 Teresa Viola Racing Stable(米)
馬主 了徳寺健二
厩舎 斎藤誠(美浦)


最近、世界中のイヤリングセールで見かける
【Kenji Ryotokuji】のお名前。

了徳寺健二氏の率いる【テソーロ】軍団ですが、
昨年いきなり大ヒットが出ました。

リエノテソーロ
全日本2歳優駿(G1)を見事に制覇。

驚くべきことに、
現4歳(2013年産)世代からの
新しいオーナーなので、
実質2世代目でのG1勝利は、
あの金子真人氏に比肩する快挙と
言っても良いでしょう。

2015年産駒は、更に注目です。


本馬は、
2016キーンランドセプテンバーセールで、
40万ドルで落札。

母は未出走ですが、
その兄に2008年の米クラシック2冠を
制した大物【Big Brown】がいます。

そして、父Scat Daddyは、
dskさんが猛プッシュの有力種牡馬です。

欧米に加えて南半球(チリ)でも、
2歳戦から芝・ダートを問わず、
大物を続々と出していますが、残念ながら、
2015年に突然他界してしまいました。

予定されている馬名【ダディズテソーロ】の
意味は、【父の宝物】なので、
オーナーの期待の大きさが感じ取れます。


芝でも活躍馬多数の父に、
母父がサンデー系ハットトリックなので、
中央競馬の2歳重賞も狙えそうです。

早逝した父の無念を晴らすような、
中央・地方・海外を問わない、
オールラウンド感溢れる活躍を
期待しています。





【愛馬レース結果】 トリリオネア...またも6着

年が明けて、早や1ヶ月。

今週は重賞レースこそ有りませんが、
春の大レースでの活躍を目指して、
特別レースに3頭が出走してくれました。

3頭とも人気を背負っており、
特にクロッカスS(OP)に出走する
トリリオネアは、初勝利と同じ条件なので
かなり期待出来ると思っていました。

(ここを落とす様なら、
  この先かなり厳しくなりそう...)




----------------------


◆◆◆1月28日(土)◆◆◆


★中京3R 3歳未勝利・ダ1800(16頭)

 3着 【フォースライン】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★京都5R 3歳未勝利・芝2000(15頭)

 2着 【ミッキーロイヤル】(5番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔



★東京5R 3歳未勝利・芝1800(16頭)

 13着【ベッキー】(7番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★京都6R 3歳新馬・芝1600(16頭)

1着 フィアーノロマーノ


 3着 【フナウタ】(5番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


外枠から好スタートを切るも、中団を追走。

4コーナーで外を回って上がっていきましたが、
2番手のフィアーノロマーノが一気に抜け出し、
後続を突き離します。

最後まで良い末脚を使って、
差を詰めましたが3着まで。

道中の位置取りの差が大きかったと思います。

上積みはありそうで、
すぐに勝利の順番は回ってくるでしょう。



★京都9R 梅花賞(500万下)
 ・芝2400(9頭)


1着 インヴィクタ


 4着 【スパークルメノウ】(1番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


長距離戦らしい、ゆったりとした流れの中、
道中は後方に付けます。

勝負どころの4コーナー手前で、
一気に馬群がかたまりましたが、
スパークルメノウは反応が悪く、
置かれてしまいました。

前にいたインヴィクタが外を通って、
一気に先頭に立ち、そのままゴール。

最後は良く追い込んだスパークルメノウ
でしたが、位置取りが悪すぎました。

あるいは、距離が少し長いのかもしれません。

次走に期待しましょう。



★東京10R クロッカスS(OP)
 ・芝1400(11頭)


1着 タイムトリップ


 6着 【トリリオネア】(1番人気)
  《 第6回楽燕カップ 》指名馬


追込み馬が最内枠に入り、若干心配でした。

そのまま道中も内側を追走し、
直線での末脚爆発に賭けます。

しかし...案の定、内に包まれて前が開かず、
やむなく徐々に外に出し始めました。

その間に、隣にいたタイムトリップは、
いち早く外に進路を取り、素晴らしい伸びを
見せました。

トリリオネアも最後は伸びていましたが、
横に広がったデッドヒートに加わったところが
ゴールでした。

東京向きの脚質で、
このレースが勝負レースだっただけに、
1番人気での着外敗戦はショックです。

次走こそは巻き返しをお願いします。



◆◆◆1月29日(日)◆◆◆


★中京1R 3歳未勝利・ダ1200(16頭)

 5着 【アトラクティヴアイ】(6番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

 12着【デルマミセラレテ】(12番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★東京5R 3歳新馬・芝1800(16頭)



 1着 【インシュラー】(1番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


抜けた1番人気を背負ったインシュラーは、
先団を見ながら5、6番手を追走します。

4コーナーで外目を回って進出し、
手応え良く先頭に立ちます。

直線は内からシングンマイケルが並んできて
交わされかけましたが、しぶとく粘って
盛り返し、半馬身差で競り勝ちました。

久しぶりに、人気通りに快勝する馬が出てきて、
この先が非常に楽しみです。



★中京7R 3歳未勝利・芝2000(15頭)

 13着【ルールアゲン】(11番人気)
  《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔



★東京9R セントポーリア賞(500万下)
 ・芝1800(11頭)


1着 ダイワキャグニー


 4着 【バルデス】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


バルデスは出遅れて最後方から。

3コーナー過ぎから、内を通って一気に進出し、
中団で直線へ向かいます。

しかし、馬群が壁になって伸びることが出来ず、
惨敗も覚悟しました。

残り200Mを過ぎて、前が開いたところに
上手く突っ込み、良い伸びを見せましたが、
時すでに遅く、4着まで。

スタートが良ければ
もう少し際どい競馬も出来たと思うので、
ダービーを目指して頑張って欲しいですね。



----------------------


●今週の結果

 出走頭数11頭 (1-1-2-7)


●本年の結果(通算)

 出走頭数46頭 (4-4-6-32)






プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR