【京都2歳S】 ヴァナヘイムはマイラー?!

ドラ1・ヴァナヘイムが
デビューから3戦目を迎えました。

小倉でのデビュー戦(芝1800)は、
2着馬の騎手が懸命に追っているのを横目に
見ながら、馬なりで競り勝つという離れ業で
快勝でした。

2戦目の萩S(芝1800)は、
圧倒的1番人気でしたが、先に抜け出した
プラチナヴォイスを捕えきれず、2着

正直なところ、「油断」や「過信」も
有ったでしょうが、ちょっと残念な結果でした。

重賞には初挑戦となりますが、
クラシックの王道を進む為には、
もう負けられない一戦です。


----------------------


◆◆◆11月26日(土)◆◆◆


★京都11R 京都2歳S(G3)
 ・芝2000(10頭)


1着 カデナ


 2着 【ヴァナヘイム】(1番人気)
 《 身内POG 》指名馬
 《 POGアンリミテッド 》指名馬
 《 第6回楽燕カップ 》指名馬
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


若干あおった様なスタートでしたが、
すぐに中団好位に付けました。

前走で敗れたプラチナヴォイスの直後に付けて、
じっくりマークする様な恰好です。

4コーナー手前から一気に進出すると、
プラチナヴォイスを追い抜いて、
直線に入ります。

かなり内に切り込んだ為、
少しヒヤッとしましたが、もの凄い脚で、
早くも馬群から抜け出し先頭に立ちました。

その後、シュタルケ騎手は気合のムチを
入れますが、意外に後続との差が開きません。

そこに、ヴァナヘイムを終始マークするように
いたカデナが、大外から一気に伸びて、
そのまま先頭に立ち、1着でゴール。

ヴァナヘイムは、萩Sに続いて
2着に終わりました。

負けたのは残念でしたが、
自分で動いていっての敗戦なので、
悔いは有りません。

4コーナーから直線で先頭に立つまでの豪脚を
見ると、充分に能力の高さを感じる事が出来て、
デビュー以来、一番良いレースだったと
思いました。

ただ、このレースのヴァナヘイムを見た
率直な感想を言えば、

「ヴァナヘイム、マイラーじゃねーの!!」

ディープ産駒のカデナと体形を比較すると、
がっちりとした筋肉の塊の様な馬体の印象を
受けます。

ドラフト時期の評判でも、
「筋肉の発達がハンパ無い」との事でした。

抜け出す脚の回転の速さと同時に、
その後の伸びの少なさを考えると、
2000Mが少し長かった?
想像してしまいます。

今後の予定は、どうやらクラシックを目指して、
トライアルシーズンまで休養に入る様です。

もちろん、今後の成長を大いに期待しますが、
もう一方では、
「朝日杯に出れば、圧勝出来たりして!?」
と思ってしまいます。

何れにしても、たくさんの人々の期待を
背負っている馬だと思います。

来春が非常に楽しみです。





スポンサーサイト

プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2016年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR