リーチザハイツ ギリギリ間に合った?

今年の《 身内POG 》で2位指名した
リーチザハイツが、骨折を乗り越え
デビュー戦を迎えました。

『 牝馬 』の松田博厩舎のエース候補として、

 阪神JF制覇 ⇒ 2歳チャンピオン

を期待しての上位指名でしたが、
デビュー直前に骨折

 2位 ドバウィハイツの2013 指名理由

松田博師の2月末での定年引退までに
間に合って、所属馬としてデビュー出来た
ことが、とても嬉しいです。

正直、直前の調教時計はイマイチですが、
ここをスパッと勝てれば、
まだまだ桜花賞にも間に合う時期なので、
何とか頑張って欲しいものです。


----------------------


◆◆◆1月24日(日)◆◆◆

★中山6R 3歳未勝利・芝1800(14頭)



 14着ヤマニンモナムール】(13番人気)
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

スタート後、前から3番手に付けました。

スローな流れを良い感じで追走していましたが、
1000Mを通過し、ペースが上がり始めると、
馬群に飲み込まれて行きました。

直線では、逆噴射し最下位に・・・。

レース前半の感じからすれば、負け過ぎですね。
距離が長かったのかもしれません。


★京都6R 3歳新馬・芝1600(16頭)

リーチザハイツ】 牝
父  ディープインパクト
母  ドバウィハイツ
母父 Dubawi



 4着 【リーチザハイツ】(1番人気)
 《 身内POG 》2位指名

母はDubawi産駒の米G1馬なので、
血統的にも大いに注目されたのか、
1番人気の支持を受けました。

スタートでダッシュが付かずに後方から。

道中も後方待機で追走し、直線の入口でも
まだ前には10頭以上。
小柄な牝馬ですし「今日はダメかな」
正直思いました。

道中も快調に逃げたダイアナヘイローが
単騎で抜け出し、後続を突き離します。

リーチザハイツは、意外にも良い伸びを
見せてくれましたが、差が有る4着まで。

勝ち馬は結構強く、今後も注目です。

リーチザハイツも今日は良く頑張りました。
レースに慣れてくれば、
早めの勝ち上がりも期待できそうです。


★中山7R 3歳500万下・
  ダ1200(13頭)




 7着 【カゼノカムイ】(5番人気)
 《 POGアンリミテッド 》指名馬

好スタートから押して行きますが、
芝部分のせいか伸びきれず、
先行争いに加われませんでした。

5、6番手外側に付け、直線に入りましたが、
思ったほど伸びず、最後は脚が上がり、
中団のままでゴールしました。

過去のレースを振り返ると、
後方から行けば、しぶとく伸びて掲示板に載り、
逆に先行して直線に入ったレースでは、
6着以下に敗れています。

《 POGアンリミテッド 》指名馬で、
唯一勝ち上がっている馬であり、
同時にポイントゲッターでもあるので、
かなり期待しているのですが、
なかなか2勝目が遠いですね。

次走は思い切って、後方一気の戦法で
勝ち切って欲しいです。


----------------------


リーチザハイツは、レース中に鼻出血
発症したようで、1ヶ月の出走停止・・・

これにより、松田博厩舎での2戦目は無くなり、
師に1勝をプレゼント出来ませんでした。

(何だか前途多難なお馬さんです。)

マカヒキに続き、指名馬が1年に2頭も
「鼻出血」を発症するなんて、
ちょっと記憶に有りません。

レース内容は良かったと思うので、
復帰後は、マカヒキと同じ様に、
無事な姿を見せて、勝利して欲しいです。






スポンサーサイト

マ・カ・ヒ・キ・祭

~マカヒキ祭~

古代ハワイでの1年で最大の行事。収穫祭。
ロノ神を主神とし、10月中旬から4ヶ月間にも
及ぶ大イベントで、この間は、農作業などの
あらゆる仕事や宗教儀式も休みとなり、
ハワイの人々にとって、自由を満喫出来る
大きなリフレッシュ期間となっていた。

・・・のような事は、
当ブログには関係ありませんが、
しばらくは、マカヒキの勝利を祝う、
お祭り期間となりそうです。

(浮かれ過ぎには、充分注意しましょう!)


----------------------


◆◆◆1月23日(土)◆◆◆

★中京2R 3歳未勝利・ダ1400(16頭)



 2着 【テンプルツリー】(1番人気)
 《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

8戦目にして初のダート、
そして初の1番人気です。

好スタートから押して、積極的に前に出ます。
3~4頭で先行争いをしていたので、
少し心配しましたが、道中は単騎「逃げ」の
体勢に持ち込み、直線へ入ります。

粘り強い走りを見せましたが、
先行集団のすぐ後ろにいたビリケンラッシュが
しぶとく食い下がり、2頭で後続を離しながら、
一騎打ちです。

最後は前半のハイペースがたたったのか、
バテてビリケンラッシュに交わされ2着。

初勝利を逃し、結果は残念でしたが
よく頑張ってくれました。
ダートも合いそうなので、
次走こそ初勝利を決めて欲しいです。


★中山2R 3歳未勝利・ダ1800(16頭)



 8着 【フォンセカ】(10番人気)
 《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

好スタートから控えて中団に待機です。
シャドーロール+ブリンカーですから、
気性はけっこう難しいようです。

直線もあまり伸びずに、
バテた先行馬を交わした程度
・・・もう少し時間が掛かりそうですね。


★中山4R 3歳新馬・ダ1800(16頭)

アウアウ】 牝
父  カネヒキリ
母  ネネグース
母父 クロフネ

2006年 9位指名 ネネグース



 3着 【アウアウ】(3番人気)
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

金子オーナーの「ハワイ」馬名シリーズ。
昨秋にデビュー予定も、体調が整わず見送り。
さて、約3ヶ月待って、
どのように成長したのでしょうか。

スタートし、積極的に前に進み、
3番手の内側に付けました。

道中も落ち着いて走り、いざ直線へ。

直線に入り、内を突く体勢でしたが、
同じような位置から追い出したシフォンカールの
伸びが素晴らしく、そのまま圧勝でゴール。
アウアウは、結局2着馬も交わせず、
そのままでゴールしました。

今回は残念でしたが、そう遠くないうちに
勝ち上がる力は有りそうです。
次走が楽しみです。


★京都5R 3歳未勝利・芝1600(16頭)



 4着 【アイアンマン】(6番人気)
 《 身内POG 》8位指名

 9着 【カイ】(9番人気)
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

アイアンマンは、競馬自体は一戦毎に
上手くなってきていますが、鋭い決め手が
無いので、直線に入ると後ろの馬に、
交わされてしまします。

「大逃げ」などの極端な作戦が良いかも。

カイは、先行勢の内側で良い感じの
レースっぷりでしたが、追ってさっぱりですね。
距離が長いのかもしれません。


★中山6R 3歳新馬・芝1600(16頭)

ハロックライン】 牝
父  キングカメハメハ
母  ミスティックリバー
母父 サンデーサイレンス

2005年 14位指名 ミスティックリバー



 4着 【ハロックライン】(2番人気)
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

この馬は人気もあり、けっこう新馬勝ちも
期待していました。

中団から外目を徐々に前に進んで、
4コーナーで先頭に並び掛ける
「お手本」のようなレースでした。

残り200Mで先頭に立ちますが、
最後の坂で脚が止まり、後続馬に抜かれて
4着まで。

積極策が裏目に出ましたが、
鞍上の指示通りに動ける自在性は有りそうです。
次走期待です。


★京都6R 3歳500万下・
  ダ1200(11頭)




 4着 【スノードリーム】(4番人気)
 《 身内POG 》14位指名

前週の紅梅Sを除外されて、
初のダート戦に出走です。

もはや、この馬の持ち味となりましたが、
あおり気味のスタートでダッシュが付かず、
最後方からとなりました。

速めのペースについて行けず、
直線入口で岩田騎手からムチの連発を受け、
最内側から猛然と追込み開始。

前の馬群が分厚い壁となり、
大斜行で今度は外に持ち出し、
グングン伸びましたが、そこがゴールでした。

「スムーズな競馬が出来れば・・・」と
思いますが、それが出来ないのが
この馬の個性でしょう。

力は有るので、まずは競馬に使って、
この馬の勝ちパターンを見つけてくれたらと
思います。


★中山9R 若竹賞(500万下)・
  芝1800(13頭)




 5着 【キャニオンロード】(2番人気)
 《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

未勝利勝ちの直後ですが、堂々の2番人気。
中山向き種牡馬・ネオユニヴァース産駒なので、
支持されたんでしょうか?

好スタート後、4、5番手外側を追走し、
そのポジションを保ちながら直線へ。

前にいた3頭がそのまま上位入選ですから、
追い比べになった時に、
切れる脚が無いことが露呈しました。
ハイペースでスタミナ勝負のレースになれば、
上位を狙えるかもしれません。


★京都10R 若駒S(OP)・
  芝2000(8頭)




 1着 【マカヒキ】(1番人気)
 《 身内POG 》12位指名
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

衝撃の脚を見せた新馬戦の後、
まさかの鼻出血
そのまま続戦していれば、牡馬クラシック戦線の
勢力図がどのように変わっていたか・・・。

8頭立ての小頭数ですが、
なかなか骨っぽいメンバーで、
マカヒキのレベルを知るには良いレースです。

スタート後は中団のやや後方で流れに乗り、
安定した走りでした。
3、4コーナーの中間辺りから、外を通って
徐々に進出し、4番手で直線へ。

残り200M地点でも、逃げるノーブルマーズが
まだ3馬身以上のセーフティリードで、
追いつくのはもう無理だと思いました。

ところが、ノーステッキで軽々と追いつき、
逆に2馬身差を付け、先頭でゴール。

⇒ 見事に『 飛びました 』ね!

休み明け、血統からくる距離への不安を一掃し、
クラシックの有力候補の一角に食い込んだと
思います。


----------------------


今年は【2戦2勝】の無敗馬が多く、
それらの馬が直接対決するまで、
どの馬が一番強いのかハッキリせず、
レベルの高い混戦模様が、非常に楽しみです。

マカヒキには、まずはとにかく無事に、
クラシックのゲートに辿りついて欲しいです。



イーストオブザサン 祝★初勝利

3日間開催の反動かどうか、
先週の我が愛馬たちの出走は、若干少なめです。

ただし、POG的には重要な2レース

 京成杯(G3)中山・芝2000
 紅梅S(OP)京都・芝1400

が、行われました。

(残念ながら、愛馬の出走はナシですが・・・)


----------------------


◆◆◆1月16日(土)◆◆◆

★京都3R 3歳未勝利・ダ1800(16頭)



 1着 【イーストオブザサン】(1番人気)
 《 身内POG 》20位指名

社台F一押しの千葉トレーニングセールの
高額馬ですが、なかなか勝ち上がれず、
これが4戦目です。

2歳王者・リオンディーズと同じデビュー戦で
惨敗した後は、潔くダートに切り替えました。
前走は人気を裏切りましたが、
今回は初めての1番人気に評価されました。

好スタートから先行集団の外側に付け、
3コーナー過ぎから、前の2頭が後続を離して
飛ばして行きますが、楽な手応えで追走し、
4コーナーでは並び掛けます。

しっかりとした脚取りで先頭に立つと、
そのまま、先頭で楽々とゴールしました。

パワーは有りますが、芝の一線級相手では、
現状では切れ負けしそうです。
まずは、ダートで勝ち星を積み上げていき、
もう一度、芝に挑戦して欲しいですね。


★京都9R 白梅賞(500万下)・
  芝1600(12頭)




 2着 【ヒルノマゼラン】(3番人気)
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

先週のシンザン記念(G3)を除外となり、
必勝を期して、このレースに出走です。

外枠からの好スタートでしたが、内側の馬の
出方を窺いながら、4番手に付けました。

手応え良く、4コーナーでは楽々と先頭を奪い、
「これは楽勝か?!」と一瞬思いましたが、
直後にいたエルビッシュに並ばれると、
あっさり頭一つ抜け出されてしまいました。

必死に食い下がりましたが、差は変わらず、
惜しくも2着に敗れました。
勝ち馬の目標にされた感じで、非常に残念です。

元POG指名馬・マンハッタンカフェ産駒で、
母も元POG指名馬でした。
このクラスでも充分やれそうですし、
血統的にはクラシックも狙えそうなので、
今後が非常に楽しみです。



◆◆◆1月17日(日)◆◆◆

★中京5R 3歳未勝利・芝2200(18頭)



 11着マールデルプラタ】(13番人気)
 《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 12着トーコージュエリー】(10番人気)
 《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

2頭とも着外、しかも同タイムでゴールです。
距離延長は実りませんでした。

次走はダートかな?


★中山6R 3歳新馬・芝2000(16頭)

カタルーニャ】 牡
父  メイショウサムソン
母  レイナカスターニャ
母父 キングカメハメハ
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔
2010年 19位指名 レイナカスターニャ



 3着 【カタルーニャ】(3番人気)

スタート後、先行集団の内側に控えました。

バレエダンサーが逃げ、
その真後ろにネオヴェルザンディが付けました。
【カタルーニャ】は、そのまた真後ろを追走。

この位置取りのままで直線に向きましたが、
内に包まれて、馬群が上手く捌けないままで、
追い出す事が出来ません。

残り100Mで若干ネオヴェルザンディの
内側が空いたところに突っ込みましたが、
時すでに遅し。

結局、バレエダンサーが勝ち、
ネオヴェルザンディが2着ですから、
直線手前のどこかで外に出せていれば、
結果は違っていたかも。

・・・非常に残念です。

次走は2月28日の中山・芝2200との事。
何とか勝ち上がって、父馬の勝ったクラシックに
出走して欲しいものです。


----------------------


京成杯(G3)は、プロフェットが優勝。
2年連続のハービンジャー産駒です。
そして、プラス2頭とも池江厩舎。

しかし、キャロットFの勢いはすごいですね。
3頭出しの、ワン・ツー・スリーですから。

 (忘れずに憶えとこ・・・)

また、紅梅S(OP)も
キャロットFのシンハライトが勝利。
休み明けをアッサリですから、強い競馬でした。

惜しくも2着だったワントゥワンも含めて、
牝馬にも有力馬が揃ってきたので、
今後が楽しみになってきました。




謹賀新年 ~シンザン記念&フェアリーS回顧~

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

「正月休みはブログを更新しまくるぞー!」と
思ってましたが、早や2週間以上が・・・

マイペースですが、
今年も頑張って更新を続けたいと思います。


さて、1月5日の東西金杯から
競馬の新しい年が始まり、
先週末の変則3日間開催では、

 シンザン記念(G3)京都・芝1600
 フェアリーS(G3)中山・芝1600

3歳初の重賞が2つも行われました。

POG指名馬ローマエ牧場関連馬の
出走した結果を含めて、
4日間を振り返りたいと思います。


----------------------


◆◆◆1月5日(火)◆◆◆

★京都6R 3歳新馬・芝2000(13頭)

メイショウサトヤマ】 牡
父  バゴ
母  ボーディーススズカ
母父 サンデーサイレンス
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔
2003年 17位指名 ボーディーススズカ



7着 【メイショウサトヤマ】(12番人気)


今年初の新馬戦に出走しました。
勝ち方次第では、まだまだクラシックも
意識出来る時期です。
厩舎関係者のコメントでは、
能力はあるが気性が荒く心配との事。

スタート後、若干ダッシュが付かず、
後ろからレースを進めます。
残り600Mから、馬群の外を回って
騎手が仕掛け気味に上がって行き、直線勝負へ。

2着のコンパッションと並ぶような形に
なりましたが、一瞬にして置いて行かれました。
この馬なりに伸びましたが、
上位馬とは現状は差がありそう。

血統的にも、今後の成長と活躍を期待します。



◆◆◆1月9日(土)◆◆◆

★京都4R 3歳500万下・
  ダ1200(16頭)




5着 【カゼノカムイ】(8番人気)
《 POGアンリミテッド 》指名馬

11着ロワゾブルー】(1番人気)
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


《 POGアンリミテッド 》指名馬の一等星・
【カゼノカムイ】の復帰戦で、かなり楽しみに
していたレースです。

人気の【ロワゾブルー】は、好スタートから
先行集団の直後に付けました。
さすがルメールです。

一方の【カゼノカムイ】は中団後方に待機です。

先行争いも激しく、【ロワゾブルー】には
有利な展開かと思いましたが、
逃げたコージェントは直線に入っても
脚が衰えず、他馬をドンドン引き離します。
【ロワゾブルー】は人気を裏切り、
馬群に沈みました。
やはり前走の様に、控えずに逃げに徹した方が
この馬には合っていそうです。

【カゼノカムイ】は、中団から徐々に上がって
しぶとく伸びてきます。
直線半ばでは、2着はあるかもと思いましたが、
最後は力尽きました。
しかし、掲示板が確保出来て、POG的には
ホッとしました。

両馬とも早期の2勝目を目指して、
次走も頑張って欲しいです。


★京都5R 3歳未勝利・芝1600(16頭)



1着 【レッドアヴァンセ】(1番人気)
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

7着 【フライングレディ】(5番人気)
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


惜しい競馬が続いていた【レッドアヴァンセ】
ですが、このクラスでは力が違いました。
最後方から、不利の無い大外を回って、
一気に抜け出した脚は絶品でした。

母の産駒は、全姉以外は3歳の3月までに
全頭2勝以上を挙げているので、
この馬も近いうちにオープン入りしそうです。
順調にいけば、もしかすると、兄弟で初めて
クラシックに手が届くくらいの大物かも
しれません。



◆◆◆1月10日(日)◆◆◆

★京都1R 3歳未勝利・ダ1800(16頭)

10着ストロングヴァンダ】(6番人気)
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔
《 POGアンリミテッド 》指名馬


デビュー戦に続いての出遅れ・・・。

ダートは合わないと思います。
芝に戻って欲しいなぁ。


★京都11R シンザン記念(G3)・
  芝1600(18頭)




4着 【アストラエンブレム】(3番人気)
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

13着ラルク】(4番人気)
《 身内POG 》5位指名


新馬を鮮やかに逃げ勝った【ラルク】ですが、
キャリア1戦の馬は、つくづく解らないな、
と思いました。

出遅れたことで、前走で見せたダッシュ力は
影を潜め、逆に気性の難しさがモロに表に
出てしまいました。

武豊騎手が、牡牝混合の重賞・シンザン記念への
出走を進言したとの話もありますが、
どうやら現状では力不足のようでした。

初戦で見せた能力(脚力)はあるはずなので、
牝馬限定レースを選んで、クラシックへ向けて
再度チャレンジして欲しいです。

【アストラエンブレム】は、
馬群の中団で上手く脚をためて、
直線入口では前をとらえに行く積極的な競馬を
見せてくれましたが、あと一歩届かず、
逆に外からジュエラーに強襲され、4着。

どの条件でも確実に好走する能力はあるので、
マイル路線の王道を行けば、大レースを勝つ
可能性も十分あると思います。



◆◆◆1月11日(月)◆◆◆

★中山11R フェアリーS(G3)・
  芝1600(16頭)




10着レッドシルヴィ】(9番人気)
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

16着ハマヒルガオ】(13番人気)
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


【レッドシルヴィ】は上手く先行しましたが、
序盤で躓いてリズムを崩し、若干後退します。
逆に【ハマヒルガオ】は、
出遅れ気味のスタートでしたが、捲りながら
上がって行き、中団前方に付けました。

結果的には、逃げた馬が勝ち、両馬のすぐ前を
先行していた馬たちが上位入線ですから、
位置取りは間違っていませんでした。
しかし、直線入口ではもはや見せ場も無く、
馬群に沈みました。

前走のレースっぷりから、ここでも
かなりやれるのではと期待していたので、
残念です。

次走は、スムーズなレース運びで上位進出を
期待します。


----------------------


年明けの重賞で、結果は出ませんでしたが、
まだクラシック戦線は始まったばかりです。

特に牝馬クラシック路線は、
2歳女王・メジャーエンブレム以外は、
抜けた有力馬もなく、これからの活躍次第で、
勢力図はどんどん変化しそう。

1勝馬にも十分チャンスはあるので、
まずは、トライアル出走権を確保するため、
確実に2勝目を取りに行って欲しいものです。







プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2016年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR