ルビウスの2014

ルビウスの2014 牡 2月10日生

父  ディープブリランテ
母  ルビウス
母父 ジャングルポケット
生産 乾皆雄
馬主 ? (有)雅苑興業
厩舎 ? 西浦勝一(栗東)


【レビュー】

今年のセレクトセールのわずか1週間後、
7月21日に行われた1歳馬市場
「HBAセレクションセール」の落札リストを
見ていると、懐かしい馬名が出てきました。

しかも、何とトッププライスでは
ありませんか!


 ルビウスの2014(父ディープブリランテ)

   落札価格 2800万円(税別)
   購買者  (有)雅苑興業


本馬の母【ルビウス】は、
元・身内POGの指名馬です。

 2006年 11位指名 ルビウス

【ルビウス】の1歳上の半兄は、
クロッカスS(OP)を勝ち、
NHKマイルでも穴人気を集めた
【アドマイヤカリブ】です。

POG期間の活躍馬の下で、
サクラバクシンオー産駒の兄よりも
距離も持ちそうで、
おまけに早期デビューの情報有りですから、
クラシック路線での活躍を期待し、
指名しました。

そして、夏の新潟競馬で、
角居厩舎からデビューした【ルビウス】は、
3番人気と高く評価されましたが・・・
11着に惨敗

その後も芝では着外が続き、
POG期間中は未勝利で終わりました。

(正直なところ、印象ナッシングです)

3歳秋にダートで1勝しましたが、
結局それが唯一の勝ち鞍でした。

引退後、ノーザンFで繁殖生活に入り、
これまで3頭の牝馬を産んでいます。
3頭全てセレクトセールで売却されていますが、
今のところ、まだ勝ち上がった馬はいません。

現役時代及びこれまでの繁殖成績を考えても、
ノーザンFからリストラされて、
現在の生産牧場(乾皆雄さん)に移ったのが
正直なところでしょうか。

そして誕生したのが、本馬です。

 ・4頭目にして、初めての牡馬

 ・父はディープインパクトの後継として
  注目の新種牡馬


 ・セールの最高価格落札馬

環境の変化によって、
流れがガラッと変わることは良くある事で、
その点でも期待したいと思います。

落札者は、【○○○カズマ】の冠名で知られる
(有)雅苑興業さん。

(有)雅苑興業さんの過去の所有馬は全て、
栗東の西浦勝一調教師に預けられているので、
この馬もほぼ間違いないと思われます。

父と祖父2頭(父父、母父)が、
日本ダービー馬という、
がっつりクラシック向きの1頭です。

血統は、ノーザンF系のエリートの集合ですが、
生産者、馬主、厩舎ともに、
なかなか良い渋さが有ります。

来年のドラフト前に、良い情報が有れば、
非社台系の指名馬をお探しの方には、
是非おすすめしたい1頭です。





スポンサーサイト

凄いぞ!!ムーア騎手 【 ハートレーも 】

先週は、《 ローマエ牧場 》関連馬の出走は、
チョット少なめで、3レース(4頭)でした。

メインは、前評判の高いディープ産駒の
デビュー戦です。

久々に、スゴいレースを見せてもらいました。


◆◆◆◆◆11月14日(土)◆◆◆◆◆


★2歳新馬・福島芝1200(16頭)

1着 【プレゼンスブルー】(4番人気)


7着 【ヤマニンモナムール】(12番人気)
父  コンデュイット
母  ヤマニンザナドゥ
母父 トニービン
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔
1996年 3位指名 ヤマニンザナドゥ

昔、大好きだったワンオブアクラインの孫で、
母は、ヤマニン&浅見チームの期待馬で、
桜花賞(9着)・オークス(中止)にも
出走しました。

スタートは良かったけど、積極的には行かず、
中団より後方に位置します。

気が付けば後方から3番手まで下げましたが、
3コーナー過ぎから、外を捲り気味に進み、
直線での伸びに賭けます

上がり4位タイ(36秒8)の脚を使い、
懸命に伸びましたが、7着が精一杯。

人気の割に健闘しましたが、
この距離は忙し過ぎるように思えました。
血統的にみても、もっと距離がある方が
良さそうなので、次走はマイル以上の距離での
出走を期待します。


★2歳新馬・東京芝2000(11頭)



1着 【ハートレー】(1番人気)
父  ディープインパクト
母  ウィキッドリーパーフェクト
母父 Congrats
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

スタートは少し遅れ気味で、ダッシュもつかず、
後方からの競馬になりました。

同じく人気の【オーダードリブン】や
【ロイヤルジレンマ】と一緒に、後方を追走し、
互いに前後を繰り返しながら、直線へ。

直線に入り、他の2頭が進路をどこに取るか
迷っている一瞬のうちに、ムーア騎手は
果敢に内に入り、一気に先頭に立ちます。

【ハートレー】の瞬発力もさることながら、
驚いたのが、ムーア騎手の押しの強さです。
内側の荒れ馬場など全く関係なく、
ムチも使わずに、両腕で手綱をグイグイ押し、
その推進力だけで、
他馬をどんどん引き離します。

世界のトップジョッキーの技に、
あらためて凄さを感じました。

また、この数週間は、関西の素質馬が
デビュー戦を快勝するのが目立っていましたが、
関東からも強い牡馬が現れました。

今年は、レベルの高い馬が多そうで、
クラシックがとても楽しみです。


6着 【ロイヤルジレンマ】(4番人気)
父  ステイゴールド
母  ロイヤルファンタジー
母父 Monsun
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

スタートは普通に出ましたが、スッと後方へ。

前半は、離れた最後方を進み、中盤からは
【ハートレー】【オーダードリブン】と
並んで走り、4コーナーを最後に回って直線へ。

【ハートレー】は内に潜り込み、
【オーダードリブン】が大外に進路を取る中、
真ん中にいた為、馬群の後ろになり、
行き場を失います。

【ハートレー】に続き、
遅れて内に向かいましたが、伸びを欠き6着。

今回は残念ながら見せ場無く終わりましたが、
ひと叩きした次走に、もう1度期待します。


◆◆◆◆◆11月15日(日)◆◆◆◆◆


★2歳未勝利・京都ダ1400(11頭)

1着 【ジュエルメッセージ】(5番人気)


6着 【サトノベリーニ】(7番人気)
父  キングカメハメハ
母  ピサノベネチアン
母父 サンデーサイレンス
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

芝で2戦勝てずに、初ダートです。
4ヶ月ぶりの復帰でした。

スタート直後から、行けずに後方を追走。
そのまま直線に入り、上がり時計は
出走馬中2位(37秒2)を記録しましたが、
6着まででした。

まだ、芝・ダートの適性ははっきりしませんが、
馬体に成長も見られるので、次走での前進を
期待します。


----------------------


今週末は、変則3日間の開催です。

《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔も
注目レースに多数出走してくれます。

【プロディガルサン】 東スポ杯2歳S(G3)
【アオイプリンセス】 赤松賞(500万下)
【レッドシルヴィ】  赤松賞(500万下)
【アットザシーサイド】秋明菊賞(500万下)

一応全部、無敗馬です。

結果はもちろんですが、
先々の大レースにも楽しみが持てる
内容だったら嬉しいなぁ。





身内POG 指名牝馬の出走結果は・・・

《 身内POG 》指名馬の【ラルク】が
前日に素晴らしい走りを見せて、新馬戦を
快勝してくれました。

牝馬の大将格が現れて、先々が楽しみですが、
それに続けとばかりに、

 パーシーズベスト
 ココファンタジア

既にデビュー済の2頭が未勝利戦に
出走してくれました。

両レースとも、
なかなか高いレベルの出走メンバーですが、
結果はどうだったでしょうか・・・。


◆◆◆11月08日(日)◆◆◆


★2歳未勝利・東京芝1400(14頭)

1着 【ナイトインブラック】(1番人気)


5着 【テンプルツリー】(4番人気)
父  ブラックタイド
母  シルクヴィーナス
母父 ティンバーカントリー
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

なかなか勝ち切れませんが、堅実に走って、
早くもデビュー5戦目を迎えました。
嘉藤騎手から初めて蛯名騎手に
乗り替わったのは、
陣営の勝負気配の表れでしょうか?

好スタートから4、5番手を追走します。
直線に向いて、内側に入り、
前の馬と馬との間から抜け出すのに
若干手間取っているうちに、
人気の【ナイトインブラック】が先行集団から
勢い良く抜け出しました。

内側の馬場は若干荒れており、外の馬が次々と
伸びて行き、最後は5着でゴールイン。

これという決め手が無い為、
同じような競馬をして負けているので、
次走は「大逃げ」「後方から追込み」などの
思い切った作戦を期待しています。


★2歳未勝利・京都芝1600(11頭)

1着 【クリノラホール】(4番人気)


4着 【ココファンタジア】(5番人気)
父  ステイゴールド
母  ココシュニック
母父 クロフネ
《 身内POG 》13位指名

スタートから好ダッシュで先頭を窺いますが、
【クリノラホール】が仕掛けてきたので、
ハナを譲り、2番手を追走します。

手応えも良さそうに見え、直線に向いたときは、
余裕をもって前を交わて勝利する姿を
想像しました。

ところが意外に伸びず、むしろ勝ち馬から
徐々に離されて、更に後ろから来た2頭にも
あっさり抜かれ、4位でゴールです。

この馬も決め手不足で、大崩れしない代わりに、
勝ち上がりにも時間が掛かりそう・・・。
母系を見ると、『ダートの名門』とも言える
血統なので、次走はダートを試してみては
どうでしょうか?

と思っていたら、12月5日の
2歳未勝利・中京ダ1800(牝馬限定)への
次走報がありました。
(しかも、デムーロ騎乗)

レースを楽しみに待ちたいと思います。


★2歳未勝利・京都芝1800(10頭)

1着 【タイセイサミット】(2番人気)


2着 【パーシーズベスト】(3番人気)
父  ディープインパクト
母  パーシステントリー
母父 Smoke Glacken
《 身内POG 》10位指名
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

スタート後、馬群が散らばり、
後方2番手まで下がりました。

作戦なのか、単に馬に行く気がないのか、
判断出来ませんが、前走同様に、
直線までは馬群について行くのが
精一杯
な感じです。

(前走よりは、だいぶマシですが・・・)

直線に入り、外から追い込みを開始した
【ゼンノタヂカラオ】をマークしながら、
大外を一緒に上がって行きます。

残り200Mで【ゼンノタヂカラオ】を捕え、
更にものすごい脚で先頭を目指しますが、
道中2番手を進んだ【タイセイサミット】は
3馬身以上のセーフティリードがあり、
悠々と先頭でゴールイン。

健闘空しく、また2着で、
【ハープスター】の様には行きませんでしたが、

展開や馬場を考えれば上等かもしれません。

力は充分あると思うので、
もう少し早めのスパートが出来れば、
個性的な追い込み馬として、先々楽しみです。

次こそは初勝利を上げ、
何とかオークスの舞台で、府中の直線を
最後方から駆け上がる姿を見たいものです。



桜花賞候補か? ラルク登場

今年は、牡馬は結構タレント揃いですが、
牝馬でクラシック候補の呼び声が高いのは、

 サプルマインド
 アグレアーブル

ぐらいでしょうか?

《 身内POG 》の自分の指名馬でも、
新馬勝ちしたのは牡馬ばかり。

 プロディガルサン(芙蓉S勝利)
 ヒルトンヘッド(骨折)
 マカヒキ(鼻出血)
 ダノンシャルマン

4頭もいますが、牝馬は未だいません。

今週こそは、
牝馬のエースが現れてくれるでしょうか?


◆◆◆11月07日(土)◆◆◆


★2歳未勝利・京都芝2000(10頭)

1着 【ファスナハト】(1番人気)


6着 【リュラ】(3番人気)
父  ステイゴールド
母  ヒストリックスター
母父 ファルブラヴ
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

揃ったスタートからいったん下げて、
5、6番手を追走します。
周りの馬と比べても、かなり小さく見えて、
気の毒な感じもしますが、走り自体は軽快で、
4コーナーでは、直線を鋭く伸びてきそうな
期待を持ちました。

かなりレベルの高いメンバーが揃っており、
勝った【ファスナハト】に、並ぶ間もなく
交わされ、結局は着外へ・・・。

牡牝混合の中距離戦で、この体格では
厳しそうですが、条件さえ揃えば
勝ち上がりは期待出来そうです。


★2歳新馬・東京芝1400(18頭)

1着 【レッドエトワール】(2番人気)


6着 【ダイワウィズミー】(1番人気)
父  キングカメハメハ
母  ダイワスカーレット
母父 アグネスタキオン
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔
2012年 13位指名 ダイワレーヌ
2013年 優先枠指名 ダイワレジェンド
2014年  9位指名 ダイワミランダ

好スタートでしたが、行き脚がつかずに、
結局は中団を追走します。

直線に入り、馬場の中央を通って伸びようと
した時に、内側に居た馬が外にふくれて、
外側の馬との間で挟まれたようになりました。

それでも、体勢を立て直して、
再度伸びましたが、6着が精一杯でした。

牝馬にしては馬格もあり、良血馬だけに、
ひと叩きした次走での変わり身を期待します。


★2歳新馬・京都芝1400(14頭)

1着 【ゼンノトライブ】(7番人気)


3着 【カイ】(2番人気)
父  キングカメハメハ
母  ラベ
母父 ダンスインザダーク
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔
2007年 18位指名 ラベ

これも良いスタートでしたが、
無理には行きませんでした。

中団の外側を追走していましたが、
道中は口を割りながら走っており、
後ろの馬にどんどん抜かれて、4コーナーでは
後方3番手まで下がってしまいました。

直線に入ってから、グングンと加速し始め、
残り200Mでは、このまま突き抜けそうな
勢いでしたが、先に抜け出した
【ゼンノトライブ】を捕えきれず、
最後は逆に、後ろから伸びた【ハリー】に
交わされて、3着でゴール。

気性面で多少難しさはあるかもしれませんが、
能力の高さは充分に確認出来る内容でした。

天皇賞馬【ラブリーデイ】と同じ、
キングカメハメハ×ダンスインザダークの
配合で、距離の融通も利きそうです。

次走での勝ち上がりを期待します。


★2歳新馬・京都芝1600(18頭)



1着 【ラルク】(1番人気)
父  ディープインパクト
母  ライラックスアンドレース
母父 Flower Alley
《 身内POG 》5位指名

この日のメインはこの馬です。

夏頃の情報では、成長が遅れ気味で、
早くて「年末」、「年明け」デビューも
覚悟していましたが、入厩後は調教も順調で、
圧倒的1番人気での出走となりました。

内枠の奇数番(5番枠)で、なかなかゲートに
入らず心配しましたが、スタートは上手でした。

楽な手応えで早くも先頭に立ち、
同じく人気の良血馬【パローマ】を従えて、
意外にも逃げます。

直線に入っても、脚色は衰えるどころか
2番手以下を引き離し始め、
武豊騎手の気合付けのムチでさらに加速し、
3馬身半の差をつけての快勝でした。

『これはホントに楽しみ!!』

牝馬戦線は、まだまだ主役と呼べる馬がおらず、
早速この馬にも、「桜花賞候補」との声が
出始めています。

ただし、今回はレースの主導権を取れましたが、
クラスが上がれば、マークも厳しくなり、
そう上手くはいかないかもしれません。

年内は休養する様なので、少し残念ですが、
期待が大きい馬だけに、一戦一戦着実に
課題をクリアして、
クラシックの主役の座を目指して欲しいです。





ダノンシャルマン お見事デビュー勝ち!!

今年のドラフト前に、
過去のPOGで指名した牝馬142頭を
繁殖牝馬に見立て、
仮想生産牧場《 ローマエ牧場 》
思い立ち、スタートしました。

調べた結果、2013年産まれの2歳馬は
53頭でした。

当然ながら、父ディープインパクトに
注目したところ・・・たった2頭。

 母レディバラード(1999年 7位指名)

 母ウィキウィキ(2006年 14位指名) 

一応、2頭ともディープインパクトとの間に
重賞勝ち馬を産んでいる母馬ですから、
今年の《 身内POG 》でも、
その2頭を指名しました。

その結果・・・

母ウィキウィキは、先日のデビュー戦を
圧勝したマカヒキ】です。

そして、もう1頭の、

 母レディバラード ⇒【ダノンシャルマン】

が、11月1日にデビューしました。

【マカヒキ】に続いて、
勝利することは出来たのでしょうか?


◆◆◆11月1日(日)◆◆◆


★2歳新馬・京都芝1800(14頭)



1着 【ダノンシャルマン】(1番人気)
父  ディープインパクト
母  レディバラード
母父 Unbridled

1999年 7位指名 レディバラード
《 身内POG 》7位指名
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

夏の新潟デビューの噂もありましたが、
その後はあまり情報も無く、
月日は淡々と過ぎていきました。

直前の調教もそう目立ったものではなく、
池江厩舎の豪華メンバーの中では、
どちらかと言えば地味な扱いでした。

それでも、天皇賞(秋)の裏番組のせいか、
出走メンバーにも恵まれて、
最終的には、1.7倍の堂々の1番人気でした。

レースがスタートし、押し出された逃げ馬を
マークするように、2番手に付けました。
ゆったりとした流れに乗り、
行きたがる素振りも無くリズム良く追走します。

前半1000Mを65秒という、
先行馬に有利な、かなりのスローペースで
4コーナーを回り、早くも先頭に立つと、
最後まで余裕のある走りで、1着でゴール。

メンバーも平凡で、
勝ちタイム(1分52秒9)も遅く、
評価は分かれるところです。

でも、500キロ近い雄大な馬体の割に、
動きも素軽く、仕掛けるとスッと反応出来る
自在性もありましたし、
何より、気性的な問題が無さそうな事が、
収穫でした。

次走が試金石ですが、非常に楽しみです。

 ⇒ 次走シクラメン賞との情報有り

あとは、良血馬の多い厩舎ですから、
順調にレースに使ってくれるかどうかが
一番心配ですけど・・・。




アルテミスS 2頭出しの結果は?

10月31日は《 ローマエ牧場 》関連馬が、
大量6頭も出走しました。

メインレースは、2頭が出走した
牝馬限定重賞(G3)のアルテミスSです。

《 ローマエ牧場 》の初重賞制覇なるか!!


◆◆◆10月31日(土)◆◆◆


★2歳未勝利・京都ダ1400(12頭)

1着 【クロースフレンド】


11着 【ラフェデビジュー】(1番人気)
父  スペシャルウィーク
母  スパークルジュエル
母父 Unbridled's Song
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

ダートに変わっての1番人気でしたが、
スタート直後の芝での行きっぷりの方が
正直良く見えました。

芝とダートの切れ目でつまづいたりして、
走りにくそうで、直線入口では、
もうバテてしまい、結局は大敗。

芝路線での見直しを期待します。



★2歳未勝利・東京ダ1600(16頭)

1着 【モリトタイキ】


12着 【ウジヒメ】(11番人気)
父  メイショウボーラー
母  レッドロザリオ
母父 アグネスタキオン
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

好スタートから先行集団に付けました。

最初は外側に居ましたが、
徐々に内側にコースを取って、直線へ。

いざ追い出すタイミングで、
前が壁になったようにも見えましたが、
ズルズルと下がる一方でした。

急な減速でしたので、おそらくは
マイルの距離が長すぎて、バテたと思います。



★2歳未勝利・福島芝1800(16頭)

1着 【ペイシャマリヤ】


3着 【キャニオンロード】(2番人気)
父  ネオユニヴァース
母  ロレットチャペル
母父 フレンチデピュティ
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

ゲート内で隣の馬が立ち上がった瞬間に、
スタートしました。
若干、行きたがるのを抑えて、先行集団へ。

4頭が横並びで直線に入り、
熾烈な先頭争いでしたが、頭一つ抜け出し、
「勝ったか!」と思いました。

そこに後ろから来た2頭が強襲し、3着まで。

いやぁー、惜しかったです。

切れる脚はあまり無いですが、ネオユニ産駒の
しぶとさと勝負根性は見れました。
勝つチャンスは充分有りそうです。



★2歳新馬・京都芝1600(17頭)

1着 【カジノブギ】


15着 【フィエスタオーレ】(10番人気)
父  ヨハネスブルグ
母  カーナヴァル
母父 ダンスインザダーク

2008年 7位指名 カーナヴァル
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

好スタートから先行かと思いきや、
騎手は押しているのに、どんどん下がり、
結局は後ろから2番手を追走。

そのまま後ろをついて回り、
ゴールまで走っただけでした。

ひと叩きした次走での結果を期待します。



★アルテミスS(G3)・東京芝1600牝
 (15頭)

1着 【デンコウアンジュ】


7着 【カイザーバル】(2番人気)
父  エンパイアメーカー
母  ダンスインザムード
母父 サンデーサイレンス
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

好スタートから控えました。

【メジャーエンブレム】がやや強引に
先行していくと、明らかにマークする様に、
追いかけて行きました。

先頭に並びかけるように直線に入り、
頑張っていましたが、
残り200Mからの追い比べになると、
道中に脚を使った影響からか、伸びを欠き、
初戦のような強いレースは出来ませんでした。

まだまだこれからの馬ですから、
自己条件からの再スタートを期待します。


8着 【ウインクルサルーテ】(11番人気)
父  ハービンジャー
母  パッショナルダンス
母父 サンデーサイレンス
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

1頭だけ大きく出遅れました。
最後方からレースを進めます。

3、4コーナーでは結果的に、
勝った【デンコウアンジュ】を見るような形で
追いかけて直線に入りました。

この馬なりにはしぶとく伸びましたが、
やはり最後には出遅れて、脚を使ったのが
こたえました。

こちらも能力の一端は見せました。
次走に期待したいと思います。


----------------------


アルテミスSは2頭出しで、
初戦の勝ちっぷりからも、
特に【カイザーバル】には期待しましたが、
《 ローマエ牧場 》の初重賞制覇は、
なりませんでした。

徐々に駒も揃い始めたので、
次のチャンスに期待したいと思います。






プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2015年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR