アットザシーサイド 快勝!!

10月25日は《 ローマエ牧場 》関連馬が、
京都で一斉に4頭もデビューしました。

また、【ココファンタジア】の2戦目にも
注目です。


◆◆◆10月25日(日)◆◆◆

★2歳未勝利・京都芝1800(15頭)

ココファンタジア】 牝
父  ステイゴールド
母  ココシュニック
母父 クロフネ

《 身内POG 》13位指名


5着 【ココファンタジア】(3番人気)
1着 【サラザン】

3ヶ月ぶりの出走です。(プラス12キロ)
成長した走りを期待しました。

ばらついたスタートの後、
【ココファンタジア】はちょうど真ん中の
7、8番手あたりを追走します。

勝った【サラザン】は5番手の内側。

直線に入り、コース取りの際に、
若干、前が壁になり、追いにくそうでした。
外に出して、しぶとく伸びましたが、
内側を走った上位馬に、脚色で見劣り5着まで。

結果は残念でしたが、
レース運びにも成長が感じられました。
いずれは勝てそうなので、続戦を希望。


★2歳新馬・京都芝1400牝(18頭)

アットザシーサイド】 牝
父  キングカメハメハ
母  ルミナスハーバー
母父 アグネスタキオン

《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

アドマイヤディーバ】 牝
父  ステイゴールド
母  プロミネント
母父 タイキシャトル

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


1着 【アットザシーサイド】(1番人気)
18着【アドマイヤディーバ】(9番人気)

【アットザシーサイド】はゲートは遅く、
少し出遅れましたが、二の脚の速さで、
中団の内側に付けました。
徐々に押し上げて、前から6、7番手で
直線に向かいます。

内側が開かず、残り200メートル地点で
やむなく外に出しますが、
ここからの伸びがスゴかった。

先行集団をまとめて抜き去り、
完全にセーフティリードの有った
【サトノマイヒメ】まで、最後は捕えました。

古い話ですが、同じ京都芝1400で行われた
1995年のりんどう賞(500万下)での
【イブキパーシヴ】のパフォーマンスを
思い出しました。

母【ルミナスハーバー】が敗れた
阪神JF(G1)に向けて、
楽しみな馬が現れました。

一方の【アドマイヤディーバ】は
大外枠から出た後、Mデムーロ騎手が押しても、
全く行き脚が付きません。

終始、一頭離れた最後方を走り、
そのままシンガリでゴールしました。

まともに競馬が出来るようになるまで、
こちらは時間が掛かりそうです。


★2歳新馬・京都芝2000(12頭)

ドレッドノータス】 牡
父  ハービンジャー
母  ディアデラノビア
母父 サンデーサイレンス

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

グレイスディオーネ】 牝
父  ハービンジャー
母  エアウイングス
母父 サンデーサイレンス

《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔


1着 【ドレッドノータス】 (1番人気)
6着 【グレイスディオーネ】(3番人気)

菊花賞当日の
いわゆる「伝説の新馬戦」となるか?

ばらけたスタートから
【ドレッドノータス】が先頭に並びかけ、
2番人気【ファスナハト】と競り合います。

並走状態が続きましたが、
最終コーナーでのコーナリングを活かして、
【ドレッドノータス】が単騎先頭で
直線に入ります。

直線で先行勢を突き離し、差を広げました。
最後は追い込んできた【ナムラシングン】に
詰め寄られましたが、見事に先頭でゴール。

元・指名馬【ディアデラマドレ】の半弟で、
姉の引退発表と同じ週
見事なデビュー勝ちでした。

まだまだ、良化途上で勝てたので、
次走も期待出来ると思います。

一方の【グレイスディオーネ】は
4、5番手を追走。

首を上手く使った走りで、良い感じで
最終コーナーから直線に入りましたが、
・・・以外に伸びない。

惜しくも、掲示板に届きませんでした。
こんなもんでは無いと思います。
一叩きした次走に期待します。





スポンサーサイト

ヴィブロス 圧倒的人気でデビュー

G1馬【ヴィルシーナ】の全妹がデビューした、
10月24日(土)のレースを振り返ります。


★10月24日(土)
 2歳未勝利・新潟ダ1800(9頭)


パームハート】 牡
父  サムライハート
母  スターライトダンス
母父 スピードワールド

《 POGアンリミテッド 》指名馬

 ⇒ 結果:9着(9番人気)



陣営もこのままではマズいと考えたのか、
6走目にして、しかも先週からの連闘で、
ダートに初挑戦してきました。

スタートでつまずき、出遅れ
最後方で、ラチ沿いを走ります。

勝った【レディートゥーゴー】は、
逃げて先頭を走っています。
直線に入って、さらに他馬を引き離してゴール。

一方の【パームハート】は、終始最後方のまま、
ブービーの馬に2秒の大差を付けられました。

・・・芝の方がマシかも。

まぁ、出遅れもあったので、
今後も気長に見守りたいと思います。

(戦力と見なければ、かわいい馬です)

こんな馬、なかなか指名出来ないかも。


★10月24日(土)
 2歳新馬・京都芝1600(14頭)


ヴィブロス】 牝
父  ディープインパクト
母  ハルーワスウィート
母父 Machiavellian

《 身内POG 》4位指名

 ⇒ 結果:2着(1番人気)



最初はそうでもなかったのに、
デビューが近づくにつれて、
評価がどんどん上がってきました。

最終的には、単勝1.3倍の圧倒的人気
いやでも、期待がふくらみました。

好スタートから先行します。
逃げそうな勢いでしたが、
内から【クラシックリディア】が来ると、
控えて2番手を追走。

末脚が切れそうとの評判だったので、
てっきり差し、追込戦法かと思いましたが、
「スピード能力の違い」で自然と先行になる
場合もあるので、むしろ良い兆候かもと
楽しみにしていました。

やや仕掛けながら直線に入り、
残り200メートルからCデムーロ騎手が
本気で追い始めましたが、
逃げ馬との差が、意外に縮まりません。

むしろ、最後は2着に残れるか、
ドキドキしました。

圧倒的人気での敗戦は、けっこう堪えますね。

まず、馬体が小さい。(414キロ)
叩いた次走で勝てなければ少し心配ですが、
2着に粘った根性は評価出来るので、
これからも期待しています。




マカヒキ登場!!

評判馬【マカヒキ】がデビューを迎えました。
その結果は・・・(レース後も注目でした)

また、【パームハート】は早くも5走目。
悲願の入着は出来たんでしょうか。


★10月18日(日)
 2歳未勝利・新潟芝2000(12頭)


アイアンマン】 牡 
父  ディープインパクト
母  シャイニングエナジー
母父 Rahy

《 身内POG 》8位指名

 ⇒ 結果:6着(3番人気)

パームハート】 牡
父  サムライハート
母  スターライトダンス
母父 スピードワールド

《 POGアンリミテッド 》指名馬

 ⇒ 結果:12着(12番人気)



好スタートを決めた【アイアンマン】は、
先行集団の直後の4、5番手に付けました。

勝った【ダンツプリウス】はその内側におり、
絶好の位置で、2頭並んで追走します。

良い感じで直線に入りましたが、
なかなか前に抜け出せない【アイアンマン】と
対照的に、インを突いた【ダンツプリウス】が
一気に抜け出し、そのまま先頭でゴール。

ディープ産駒にしては、切れる脚が無く
じわじわとしか伸びないので、
勝つには少し時間が掛かるかも・・・(残念)

距離バテかもしれませんが、
次走は思い切った策を見てみたいです。

まぁ、良血馬目白押しの池江厩舎なんで、
次走がすぐに有ればの話ですが。


一方の【パームハート】は、
前走の新潟芝1000から、距離は一気の倍増
当然、スタートダッシュも良く
3番手を追走です。

この馬、先行する脚は有るんで、
毎回チョット期待させてくれます。
でも、今回もやはり3、4コーナーの中間では、
もう騎手の腕が激しく動いています。
直線に入って早々に、画面から消えました。

(もう、慣れましたけど・・・やっぱり残念)

5走して、3回目の最下位です。
芝は諦めて、ダートでの一変を期待します。

(それぐらいしか思いつきません。)


★10月18日(日)
 2歳新馬・京都芝1800(11頭)


マカヒキ】 牡
父  ディープインパクト
母  ウィキウィキ
母父 フレンチデピュティ

《 身内POG 》12位指名
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

 ⇒ 結果:1着(1番人気)



2週前の調教から、トレセンでも評判が上がり、
圧倒的一番人気でのデビューでした。

レースは、スタート後、5番手を追走。
流れも落ち着き、道中も良いペースで
走れていました。

3、4コーナーでも慌てる事無く、
馬なりで外側に出し、直線へ入りました。

ここからが圧巻。

Mデムーロ騎手が少し仕掛けただけで、
グングン加速し、ノーステッキの馬なりで
他馬を一気に突き離しました。
最後は、追わずに馬の頭をなでてました(笑)

タイム1分47秒7、上がり33秒5

時計も良く、素晴らしいデビュー戦でした。

デビュー前は、
距離はマイル前後がベストと言われており、
金子オーナーの悲願である【朝日杯FS】を
勝つのはこの馬で間違いないと確信しました。

が、しかし・・・鼻出血で年内休養って、
残念すぎです。

こうなったら、しっかり休んで、
マイルと言わず、クラシックの王道
年明けから突き進んで欲しいです。


----------------------


元POG指名馬の仔・【ドゥラメンテ】を
指名出来ずに、ダービー制覇を逃した事が、
このブログで《 ローマエ牧場 》を取り上げた
きっかけでした。

元POG指名馬【ウィキウィキ】の仔から、
楽しみな馬が早くも出て来てくれて、
今後も注目です




風のカムイ 昇級初戦は・・・

《 POGアンリミテッド 》指名馬の
【カゼノカムイ】が未勝利勝ちした後の、
昇級初戦を迎えました。

距離が一気に400メートル伸びましたが、
その結果は如何に?


★10月17日(土)
 2歳未勝利・東京ダ1400(16頭)


ウジヒメ】 牝
父  メイショウボーラー
母  レッドロザリオ
母父 アグネスタキオン

《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

 ⇒ 結果:6着(11番人気)



内枠から良いスタートを切りましたが、
外から先行していく他馬を見ながら、
中団より後方に下げました。

そのままの態勢で直線に入り、
馬群がバラけた後も
この馬なりにしぶとく伸びましたが、
勝ち馬【イザ】からは1.5秒離された
6着で、掲示板を逃しました。

(惜しいなぁー)

次走は、掲示板を期待します。


★10月17日(土)
 2歳未勝利・東京芝1600(10頭)


ゴールドレイ】 牡
父  ゴールドアリュール
母  インコグニート
母父 Gone West

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:8着(5番人気)



スタート良く、逃げ馬の外側2番手を追走。
道中も良い感じで追走し、
このまま「横綱相撲」で直線を抜け出すかと、
チョット期待しました。

しかし、直線に入っても伸びきれず、
逆に、逃げ馬に突き放され、
思わぬ大敗を喫しました。

(チョット負け過ぎじゃない?)

「芝でダメでもダートがあるさ」的な
血統なので、次回はダートを試して欲しいかな。


★10月17日(土)
 2歳未勝利・新潟芝1400(11頭)


テンプルツリー】 牝
父  ブラックタイド
母  シルクヴィーナス
母父 ティンバーカントリー

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:3着(5番人気)



あおり気味のスタートで若干の出遅れ。
二の脚を使って、先行集団のすぐ後ろの
5、6番手を追走します。

ただ、口を割って「イヤイヤ」するような
シーンも見られ、落ち着くのに少し時間が
掛かりました。

直線の入口では、先行集団に並びかけ、
勝った【シルクリバー】と馬体を合わせながら
一緒に抜け出しましたが、交わすことは出来ず、
前走同様の3着まで。

最後伸びなかったのは、道中での消耗が
けっこう響いたのかもしれません。

次走は決めて欲しいですね。


★10月17日(土)
 プラタナス賞(500万下)・東京ダ1600
 (13頭)


カゼノカムイ】 牡 
父  マイネルラヴ
母  ジュエルシャネル
母父 アグネスワールド

《 POGアンリミテッド 》指名馬

 ⇒ 結果:7着(7番人気)



好スタートでしたが、5、6番手に控えました。
内側を良い感じで追走し、直線へ。

先頭集団の直後から、上手く最内に潜り込み
抜け出すかと思いましたが、
すでに、前の馬を交わす余力は無く、
残り200メートル付近で後退。

勝った【エネスク】は、
道中は後方集団の外側を回り、
直線も大外から素晴らしい伸びで2連勝。
コースロスも考慮すれば、完勝ですね。

懐かしの南関東の女傑【ロジータ】の孫なので、
ダート路線での今後の活躍が楽しみです。

【カゼノカムイ】の敗因は、
やっぱり距離が長かったのかな?
道中から直線に入るまでは良い感じでした。
次走は1200Mが希望です。

あと、スタート直後の芝部分での走りっぷりを
見ると、芝でも良いかなと思いました。
次走に期待します。




「あの馬」の妹は【超小柄】だった

仕事や資格の勉強が忙しくなり、
どんどん更新が遅れていますが・・・何か?

変則3日間開催の最終日(10月12日)には、
ハープスターの妹がデビューしました。


★10月12日(月)
 2歳未勝利・京都芝1600(17頭)


フライングレディ】 牝 
父  ディープインパクト
母  ピンクカメオ
母父 フレンチデピュティ

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:7着(1番人気)



スタート後、早々に先行集団を見るように
5番手に付けます。
3~4コーナーでも手応えは良く、
これなら人気に応えられそうな感じでした。

それ以上に手応え良かったのが、
勝った【フィーユダムール】です。
外から捲り気味に上位に進出し、
直線に入ると、あっと言う間に突き抜けました。

【フライングレディ】は、馬群の内で伸び悩み、
一瞬バランスを崩すシーンも有り、
残念ながら着外に終わりました。


★10月12日(月)
 2歳新馬・京都芝2000(9頭)


リュラ】 牝
父  ステイゴールド
母  ヒストリックスター
母父 ファルブラヴ

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:3着(1番人気)



元・指名馬ハープスターの妹のデビュー戦です。

スタート後、スムーズに追走し、
中団に付けました。
若干、首が高い走りですが、
良いバネを持っていそうです。

同じく人気の【バティスティーニ】は、
【リュラ】の前に居ましたが、
序盤から捲って先頭に並びかけ、
途中からは逃げる展開になりました。

直線に入り、
3頭の追い比べになるかと思いましたが、
余力十分の【バティスティーニ】が
他馬を突き離しました。

【リュラ】は2着馬にも引き離され、
3着に終わりました。

414キロの小さな牝馬で、
次走に向けての上積みが有るかは疑問ですが、
標準以上の瞬発力は秘めていそうです。

今回は勝ち馬が強かったと思いますが、
次のチャンスに期待したいです。


★10月12日(月)
 2歳新馬・東京芝1600(15頭)


キャニオンロード】 牡
父  ネオユニヴァース
母  ロレットチャペル
母父 フレンチデピュティ

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:5着(2番人気)



圧倒的人気の【ラベンダーヴァレイ】に続く、
堂々の2番人気でした。
3番人気以降は10倍台なので、
唯一の対抗馬と言える、高い評価です。

・・・けっこう出遅れましたね。
すぐに二の脚を使い、後方集団に付け、
徐々に前に進出していきます。

やはり脚を使った影響なのか、
4コーナーから直線で、北村騎手の手が
結構激しく動いていました。

一方の【ラベンダーヴァレイ】は、
先行集団に付け、手応えも抜群でした。
余裕の手応えで抜け出すと、
相手を待って追い出し、
着差以上の楽勝だったと思います。

やっぱり出遅れが全てですね。(ふぅー)

最後までタレずに走り切っていたので、
力はあると思います。
次走での挽回に期待です。

それにしても、母クロウキャニオンは、
毎年、良い仔を出しますね。

「男馬」が続いて活躍した後、
昨年の全姉が不発だったので、
POG人気が若干下がっていましたが、
今年もどうやら当たりっぽいですね。




目指せ! ハープスターへの道

先週末の変則3日間開催の第2日目も、
期待の馬が出走しました。


★10月11日(日)
 2歳新馬・京都芝1800(10頭)


パーシーズベスト】 牝
父  ディープインパクト
母  パーシステントリー
母父 Smoke Glacken

《 身内POG 》10位指名
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:2着(1番人気)




入厩当初は、石坂厩舎のエース牝馬
言われていましたが、若干トーンが
下がってきた中でのデビューでした。

前日に快勝した僚馬【シンハライト】に
続けるのか・・・。

ふわっと馬なりで出たスタートでしたが、
松山騎手が腕を押しているにもかかわらず、
どんどん馬群から置いて行かれます。

・・・この時点で、かなりショックです。

3コーナーの入口でも、まだ最後方。
ですが、残り600メートル辺りから、
大外を急に捲りながら、伸び始めました。

途中から逃げていた【アグネススターダム】は
すでに馬群を抜け出し、
勝利は確実に見えましたが、
【パーシーズベスト】の伸びも止まりません。

【ハープスター】の桜花賞が、
一瞬頭に浮かびましたが、
さすがに差し切ることは出来ず、
2着でゴールしました。

出走想定の際は5頭立てと、
正直ハイレベルとは言いにくいメンバーですが、
なかなか面白いレースをしたと思います。

次走が試金石ですが、このひと叩きで
覚醒してくれれば、今後が楽しみです。


★10月11日(日)
 りんどう賞(500万下)・京都芝1400
 (14頭)


スノードリーム】 牝
父  スウェプトオーヴァーボード
母  マルカジュリエット

《 身内POG 》14位指名

 ⇒ 結果:9着(9番人気)




出遅れて、最後方からレースを進めます。

相変わらず頭が高く、
前方ではなく上に延びるような走り方です。

結果的には、上位入線した馬は
全て先行グループにいたので、
展開が向かなかったとも言えますが、
直線に入ってからは、伸びを欠いて、
他馬を抜かしながら、着順を上げる事は
出来ませんでした。

このクラスでは、現状は力不足なのかな?

やはり、スウェプト産駒には、
先行して粘る競馬を見せて欲しいと思います。

次走までに、スタート練習をしっかり行って、
先行勝負を期待しています。




注目の一戦! サウジアラビアRC 回顧

3日間の変則開催が終了しました。

期待していた馬が数多く出走しましたが、
結果は如何に・・・。

まずは、第1日目から。


★10月10日(土)
 2歳新馬・京都芝1600(15頭)


ラフェデビジュー】 牝
父  スペシャルウィーク
母  スパークルジュエル
母父 Unbridled's Song

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:5着(6番人気)




スタートも良く、先行争いに加わります。
1番人気【シンハライト】の内側・4番手に
付けました。

3、4コーナーでも手応え良く、
デビュー勝ちも、ちょっと期待しました。

ところが、逃げ馬2頭が前にいて、
壁になっている時に、
外側の【シンハライト】が仕掛け、
あっと言う間に引き離されてしまいました。

追って案外という感じで、最後は外の馬にも
抜かされて、掲示板(5着)がやっと・・・。

今回は、正直勝った馬が強かったと思いますが、
使っていくうちに、本馬も良くなりそうです。
次走に期待です。


★10月10日(土)
 サウジアラビアRC(重賞)・東京芝1600
 (16頭)


イモータル】 牡 
父  マンハッタンカフェ
母  ショアー

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:2着(1番人気)


アストラエンブレム】 牡 
父  ダイワメジャー
母  ブラックエンブレム

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:3着(2番人気)




出遅れた馬が多く、スタート後すぐに、
馬群がばらけました。

勝った【ブレイブスマッシュ】は中団に位置し、
その直後に【イモータル】が付け、
マークするように【アストラエンブレム】が
追いかけます。

直線の入口では、3頭とも中団より
後ろでしたが、【ブレイブスマッシュ】は
内側に入り、抜群の伸びを見せて、
残り150メートルで先頭に立ちました。

外から【イモータル】と【アストラエンブレム】
が、2頭馬体を合わせて、猛追しましたが、
並びかけたところがゴールでした。

【ブレイブスマッシュ】は、
いわゆる「隠れトーセン馬」で、
エスティファームの自家生産馬です。

父・母ともに「トーセン」冠の馬で、
生産に力を入れ始めた島川オーナーにとっては、
会心の勝利だったでしょう。
こういう馬の活躍を今後も期待しています。

負けて強しなのが【イモータル】。
改めて、重賞級の脚を持っていると確信出来る
内容でした。
金子オーナーの所有馬で、
【プロディガルサン】との使い分けで言えば、
朝日杯狙いはこちらかもしれません。

【アストラエンブレム】は終始後手に回る
レースでした。確実に上位に来ますが、
エンジンの掛かりがいつも遅いので、
今後も「差して届かず」のケースが
多いかもしれません。

強い馬同士の、非常におもしろい一戦でした。
上位馬の次走が楽しみです。





ツルマルガールの孫娘 デビュー!!

先週は、《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔が
3頭出走しました。

ロサードからゆかりの薔薇一族や
思い出のツルマルガールの孫娘が
出走しましたが、結果は・・・?


★10月03日(土)
 2歳新馬・中山芝1600(16頭)


ローズバーキン】 牝
父  ワークフォース
母  セレスティアル
母父 アグネスタキオン

2009年 20位指名 セレスティアル
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

 ⇒ 結果:14着(5番人気)




並みのスタートから、押して行って、
先行集団の後ろの付けました。

道中の走りっぷりは悪くなかったですが、
3コーナー辺りから、内田騎手の手が
激しく動き、ズルズルと後方へ。

人気ほどは走れませんでした。

減速の仕方が急だったので、
条件がこの馬に合わなかったのかも?
とりあえず、次走に期待します。


★10月04日(日)
 2歳未勝利・中山芝2000(16頭)


コスモダヴァンティ】 牡 
父  コンデュイット
母  グラスフロンティア

2001年 15位指名 グラスフロンティア
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

 ⇒ 結果:13着(4番人気)




前走は、逃げ粘り ⇒ 好走だったので、
気合を入れて、今回も先頭に立ちました。

手応えは良さそうでしたが、
道中はずっと2番手の馬にプレッシャーを
かけられ、息が入らない展開だったのかも。

前走の様な「粘り」を期待しましたが、
残り150メートルくらいで、
外から追い込む馬に、次々と抜かれ、圏外へ。

けっこう期待していたので、残念でした。


★10月04日(日)
 2歳新馬・阪神芝1400(15頭)


ストロングヴァンダ】 牝
父  ワークフォース
母  ツルマルオジョウ
母父 ダンスインザダーク

2006年 20位指名 ツルマルオジョウ
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔
《 POGアンリミテッド 》指名馬

 ⇒ 結果:12着(11番人気)




スタートはちょっとあおりましたが、
すぐに中団の内側に付けて、流れに乗りました。

4コーナーで一瞬、他の馬に置かれ気味になり、
盛り返す間もなく、ゴールまで。

ただし、勝った馬からは1秒遅れ、
1着から最下位まで、1.5秒差です。

着順ほどは負けていないので、
そのうちに、順番が回って来るのを
期待しています。


----------------------


秋本番

今週から、東京&京都開催が始まります。

さらに3日間の変則開催で、
期待馬が多数デビューするし、
すでに勝ち上がっている馬は、
「勝負」の2戦目を迎えます。

《 身内POG 》指名馬
 スノードリーム(りんどう賞)

《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔
 アストラエンブレム(サウジアラビアRC)
 イモータル(サウジアラビアRC)
 ラフェデビジュー(新馬・京都芝1600)
 パーシーズベスト(新馬・京都芝1800)
 フライングレディ(未勝利・京都芝1600)
 キャニオンロード(新馬・東京芝1600)
 リュラ(新馬・京都芝2000)

どの馬も、怪我無く頑張って欲しいですね!




プロディガルサン 芙蓉ステークス勝利!!

急な出張により、先々週のレース・レビューが
かなり遅れてしまいました。

期待馬2頭がオープン特別に出走しましたが、
結果は大きく明暗が分かれました。


★9月26日(土)
 ききょうS(OP)阪神芝1400(10頭)

ヒルトンヘッド】 牡 
父  ダイワメジャー
母  アシュレイリバー

《 身内POG 》17位指名
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

 ⇒ 結果:競走除外




リアルタイムでレースを見れなかったので、
JRAのホームページで確認。

1着に名前無し・・・残念↓
2、3、4着・・・もしかして惨敗?
最後に馬名が・・・除外って何?!

出走前に、ハ行だって?
【シャケトラ】と同じやん。

その後、全治6ヶ月の骨折判明。
【リーチザハイツ】と同じかよ。

今年は骨折がやたら多くない?
大型馬だけに若干不安は有りましたが、
やっぱりショックですね。


★9月27日(日)
 2歳新馬・中山ダ1200(16頭)

ウジヒメ】 牝 
父  メイショウボーラー
母  レッドロザリオ
母父 アグネスタキオン

2008年 14位指名 レッドロザリオ
《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔

 ⇒ 結果:9着(12番人気)




人気も無く、
大きな期待はしていませんでしたが、
後方待機から若干順位を上げただけでした。

ただし、母馬【レッドロザリオ】は、
元・指名馬同士の配合です。

2000年  3位指名 アグネスタキオン
1999年 17位指名 サニーサイドアップ

こういう馬を応援するのも、
POGの醍醐味かな、と思います。


★9月27日(日)
 芙蓉S(OP)中山芝2000(10頭)

プロディガルサン】 牡 
父  ディープインパクト
母  ラヴズオンリーミー

《 身内POG 》1位指名
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔

 ⇒ 結果:1着(2番人気)




勝ちました!!

2番人気なのにも、けっこう驚きましたが、
【プランスシャルマン】も強いと思うので、
今回は順当だったのかも。

スタート後、中団の後方に付け、
ちょうど【プランスシャルマン】を
マークする形になりました。

4コーナーで、2頭連なって上がって行き、
直線で先にあっさり抜け出した
【プランスシャルマン】を外から難なく交わし、
先頭でゴールしました。

新馬戦に続いて、
着差だけ見ると、今回も地味な勝ち方ですが、
かなり余裕も感じられました。

蛯名騎手も「まだ隠しているものがあるよ」
と、潜在能力の高さを感じたようでした。

次走は、東スポ杯の予定との事。
 → 朝日杯は狙っていない模様
クラシック路線の主役を狙って、
人気にかかわらず、勝利を期待しています。






プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR