今期POG 祝・初出走

6月7日(日)東京芝1600戦に、
dskさん主催「POGアンリミテッド」に登録した
パームハート が出走しました。

身内POGの方は、まだ出走予定はないので、
実質、今期の指名馬初出走です。

やっぱり、ワクワク、そわそわします。



パームハート】 牡 3月20日生まれ 
父  サムライハート
母  スターライトダンス
母父 スピードワールド
生産 スピードファーム
馬主 スピードファーム
厩舎 和田正一郎(美浦)



2015メイクデビュー 東京(ロードクエスト)

レース序盤から、先頭集団のすぐ後ろの
内ラチ沿いを追走し、悪くない手ごたえで
直線に入りました。

が、一頭だけ逆噴射状態。

あっと言う間に、画面の外へ消えて行きました。

ブービー馬から、更に9馬身の最下位。

、、、圧倒的疎外感を感じます。


アクシデント?
あるいは 距離適性でしょうか?

直線までのレースっぷりは悪くなかったので、
条件が変われば、改めて期待できるかも。


この馬の血統表の2代前の4頭

 サンデーサイレンス(大種牡馬)
 エアグルーヴ   (元・指名馬)
 スピードワールド (元・指名馬)
 スピードデクタス


元・指名馬が隣同士にいる、この満足感。

これからも応援していきます。




スポンサーサイト

3位 ダリシアの2013 指名理由

ダリシアの2013 牡 4月9日生まれ
馬名【サトノキングダム】

父  ディープインパクト
母  ダリシア
母父 Acatenango
生産 社台ファーム
馬主 里見治
厩舎 国枝栄(美浦)




【また、前置き話】

3位指名は、逆ウェーバー方式です。
指名順は、2番目(6人中)。

前年優勝のTU君が、

 2位指名(6番目) ビワハイジの2013
 3位指名(1番目) レーヴドスカーの2013

この時点で、ノーザンFの大物ディープ産駒は、
ほぼ消えています。

1位と2位は、牡と牝の2歳チャンプ候補を指名したので、
ここらで、やはりダービーを狙える大物ディープを押さえたい。


全くの余談ですが、
TU君が指名した、POG定番の2頭ですが、
実は私、、、その初仔を過去に指名してました。

 2001年 ローマエ指名 第9位 ビワワールド
 2005年 ローマエ指名 第3位 ナイアガラ

ただ、2番仔以降は、一度も指名せず

⇒ 「名繁殖牝馬」への道。

意地でも指名しません。 (恥ずかしくて今更指名出来ません)




【以下、本題】

母ダリシアからは、

 Animal Kingdom(ケンタッキーダービー、ドバイWC)

が出ています。

ケンタッキーダービー馬の母にしては珍しく、
ドイツ産馬です。


ダリシアが社台Fに輸入されたのは、
Animal Kingdom がケンタッキーダービーを
勝つ前なので、購入されたのは、
明らかにこのドイツ血統が理由だと思います。


近年、世界中に活躍の広がりを見せるドイツ血統ですが、
私もマンハッタンカフェ以来、とても魅力を感じてます。

 (ジャーマン・メタルも大好きです!!)

代々、クラシックディスタンスに拘った血統改良の結果、
派手さはないが、確実なスタミナと頑丈さを備えています。


輸入後は、ネオユニ、ハーツとの産駒がいますが、
成績はイマイチで、「Animal Kingdomの母」という
肩書きは、かなり薄まってきました。


そして、ついにディープとの間の産駒が登場です。


輸入後、サンデー系の別の種牡馬を付けられ続けて、
活躍馬が出ず、
待望のディープが付いた途端、
クルミナル(桜花賞2着、オークス3着)を出した
クルソラのように、初ディープ産駒は注目です。


ジャーマン(ドイツ)魂で、
ダービーの舞台・東京2400Mを
先頭で駆け抜けて欲しい と期待しています。





プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR