POG日記 今後の更新予定

身内POG2015-2016の指名理由の記載が、
真ん中の10位まで終わりました。


このタイミングで
今後のブログの予定を書いてみます。


1.身内POG 指名理由の続き

11位以降の指名馬についても、
今まで通り、順番に指名理由を書いていきます。

ただし、基本的に、その馬が出走する前に
指名理由は載せたいと思います。

もし、指名馬が出走しそうな場合は、
順番を繰り上げて記載する場合もあると思います。


2.指名馬の出走報告や応援、レース感想など

身内POGや
dskさん主催「POGアンリミテッド」で
指名している愛馬について、
応援メッセージやレースを観て感じたことを
書いていきたいと思います。

近いところでは、

 6月20日東京芝1600    プロディガルサン
 6月27日函館芝1200(牝) スノードリーム

上記の出走が予定されているので、
楽しみ(、、、不安?)です。

(出来るだけポジティヴ・シンキングでいきましょう)


3.『仮想牧場』生産馬のレビューと応援

このブログのメイン・テーマはこれ!!

PBG(ペーパー・ブリーダー・ゲーム)
1人でやってみます。

・過去の指名馬(牝馬)や関連する牝馬を
 自己所有繁殖牝馬としてリストアップする

・自己所有繁殖牝馬の仔(2014産)を
 来年のドラフトに向けて、レビューする


妄想と言われても構いません。

準備が出来次第、
リスト紹介やレビューを開始しますので、

お楽しみに!! ← 自己満 上等ッス




10位 パーシステントリーの2013 指名理由

パーシステントリーの2013 牝 3月30日生まれ
馬名【パーシーズベスト】

父  ディープインパクト
母  パーシステントリー
母父 Smoke Glacken
生産 ノーザンファーム
馬主 シルクレーシング
厩舎 石坂正(栗東)



10位までの指名を終えました。

 ディープインパクト産駒(牡)4頭
 ディープインパクト産駒(牝)4頭
 キングカメハメハ産駒 (牡)1頭
 マンハッタンカフェ産駒(牡)1頭

見事なまでのディープ祭りです。


本馬の全兄は、昨年の指名馬です。


 2014年 ローマエ指名 第5位 トーセンゲイル 


セレクトセールの高馬(17,000万円)ですが、
見事に走りませんでした。

シルクレーシング関係者や出資した方は、
この一年間、どんな思いだったのでしょうか?



本馬の母・パーシステントリーは、
アメリカのG1(パーソナルエンサンS)勝ち馬です。

トーセンゲイル、本馬、そして全弟まで、
3年連続でディープインパクトを付けられていて、
ノーザンファームの期待の繁殖牝馬と思われます。


シルクレーシングは、募集馬のレベルが年々上がっており、
本馬はその中でも、今年の牝馬ナンバー1のようです。


さらに、ジェンティルドンナの石坂正厩舎に
預けられるのもプラス材料ですね。


何より、昨年トーセンゲイルを指名した身としては、
もし、本馬を取らないで走られると、、、
きっと立ち直れません。

ここは、本馬だけでなく、
来年の全弟も優先的にゲットするつもりで、
指名しました。


(ちょっと馬名が微妙ですが、、、
 パーシステントリーの仔の中でベストって
 その程度でいいんかいな!



シルクと石坂厩舎の牝馬のエースとして、
クラシック戦線に加わってくれることを、
大いに期待しています。





9位 サマーハの2013 指名理由

サマーハの2013 牡 3月17日生まれ
馬名【シャケトラ】

父  マンハッタンカフェ
母  サマーハ
母父 Singspiel
生産 ノーザンファーム
馬主 金子真人ホールディングス
厩舎 角居勝彦(栗東)



父・マンハッタンカフェは、元・指名馬です。


 2000年 ローマエ指名 第18位 マンハッタンカフェ


今年のドラフトは、

「過去の指名馬の産駒を応援する」

ことを、一つのテーマとしていました。


牝馬は、基本的には、1年に1頭の産駒なので、
指名 ⇒ 応援し甲斐もありますが、
牡馬は、人気種牡馬ともなれば、
その産駒といっても、毎年何十頭もいます。


「元・指名馬なんで、全頭ディープインパクト産駒を
 指名してやったぜ!」


何の自慢にもなりませんし、
全く面白くありません。

ただ、数少ないですが、
せっかく種牡馬となった指名馬もいるので
せめて1頭くらいは、指名したい。



本馬の半姉・モルジアナ(サマーハの2012)は、
昨年の指名馬リストにも入れていました。

函館デビューの同じく短距離タイプである
エクシードリミッツを指名した関係で、
回避したんですが、
モルジアナの方が良かったかも。

マンハッタン産駒ということに加えて、
その後、セレクトセールで金子真人氏が落札。

これは、ぜひ指名したいです!!

そして、馬名は【シャケトラ】? 【鮭虎】?

、、、正直かなり萎えました。


しかし、名前の由来が
「イタリアの幻のデザートワイン」だと知り、
ふと考えました。

この名前はもしかして、金子氏が長年温めてきた
『とっておき』の名前ではないか、、、と。

例えば、

【キングカメハメハ】 =ハワイ系馬名の『とっておき』
【ディープインパクト】=映画系?馬名の『とっておき』

競走馬としても、種牡馬としても大活躍している2頭のように、
『とっておき』の名馬になることを期待しています。




カムイ 府中に散る

6月13日(土)メイクデビュー東京芝1400に、
カゼノカムイ が出走しました。



20150613メイクデビュー東京芝1400



カゼノカムイ】9着(14番人気)18頭立て


私の希望通り、スタート直後から先頭に立ちました。

終始、勝ち馬(トウショウドラフタ)に
並ばれるような形で、2頭一緒に直線に入りました。

直線では、顔を外側に向けるような走り方で、
しばらくは我慢していましたが、
直線半ばで失速し、後続に抜かれていきました。

あとは勝ち馬の独壇場で、
その強さだけが目立ちました。


(はぁーーーっ)


先週の【パームハート】に続いて、
「POGアンリミテッド」の登録馬は
またも惨敗の結果でした。

ただ、すんなり先手を取れたことや、
勝ち馬の厳しいマークにも耐え、
直線半ばまで粘れたことは、
次走に向けて、期待出来ると思います。


個性的な名前、
目立つエックスマークのメンコ、
逃げ脚質、

これで結果が伴えば、
個性的な人気馬になれるのでは。


次走は、直線の短い福島競馬場でしょうか。


まずは、大きな変わり身を見せて、
初勝利を大いに期待します。




8位 シャイニングエナジーの2013 指名理由

シャイニングエナジーの2013 牡 6月2日生まれ
馬名【アイアンマン】

父  ディープインパクト
母  シャイニングエナジー
母父 Rahy
生産 明治牧場
馬主 杉山忠国
厩舎 池江泰寿(栗東)



鉄腕(アトム)の全弟が、鉄人(Iron Man)ですか。

ヘヴィメタル好きとしては、

 指名理由 ⇒ 【馬名】

以上、、、


BLACK SABBATH - Iron Man




母シャイニングエナジー は、
アメリカの芝G1ホースです。

ディープインパクトとの配合では、
成功例の多いと言われる
Lyphard や Halo のクロスが発生します。


全兄アトム のイメージから、
ある程度、距離適性(マイル向き)や
馬場(平坦・ローカル)に
活躍の場は限定されるかもしれませんが、
逆にソコソコ走ってくれるだろうという
安心感もあります。


さらに本馬は、ドラフトの時に
「夏場」デビューとの話がありました。

最近は、有名な一口クラブや個人オーナーの
エース級の馬をたくさん預かる様になり、
秋の阪神・京都で期待馬をデビューさせることが
多くなりましたが、
以前は、池江厩舎の期待馬と言えば、
「新潟」デビューが王道路線でした。


同厩舎のライバルがデビューする前に、
トントンと勝って、存在感をアピールし、
上手くいけば、
【ドリームジャーニー】ぐらいの活躍を
期待しています。




7位 レディバラードの2013 指名理由

レディバラードの2013 牡 3月24日生まれ
馬名【ダノンシャルマン】

父  ディープインパクト
母  レディバラード
母父 Unbridled
生産 ケイアイファーム
馬主 ダノックス
厩舎 池江泰寿(栗東)



[過去の指名馬の仔 指名枠その1]

母レディバラード は、元・指名馬ですが、
その仔を指名するのは、初めてです。


 1999年 ローマエ指名 第7位 レディバラード


レディバラードは、○外(外国産馬)として、
2歳(旧3歳)11月に小倉でデビュー。

デビュー直後の4戦はダートで走り(2勝)、
その後、芝の重賞(クイーンC、フラワーC)に
挑戦するも振るわず、休養に入り、
POG期間は終了。

あまり丈夫では無い為か、
古馬になってからも出走回数は少なめでしたが、
引退前には、牝馬限定の交流重賞を2つ勝ちました。


引退後、母として順調に産駒を出していますが、
そのほとんどは、「ロードホースクラブ」の所有です。


一番の出世頭は、【ダノンバラード】ですが、
この馬のみ、「ダノックス」さんが所有されています。
しかも、セレクトセールではなく、庭先取引で。

また、本馬の全兄(父ディープインパクト)3頭のみが
池江泰寿厩舎の所属です。


 ①ディープ産駒(牡)
 ②馬主:ダノックス
 ③厩舎:池江泰寿



【ダノンバラード】以来の3つの条件が揃った今年は、
いわゆる「確変に入った」状態のはず。


今年の池江泰寿厩舎は、

 母マルペンサ
 母ナイトマジック
 母マジックストーム

など、例年以上にディープ産駒の大物候補が
揃っています。

でも、確率的に一番手堅いのは本馬のような
気がします。


【ダノンバラード】以上の活躍を
期待しています。




風のカムイ

6月13日(土)東京芝1400戦に、
dskさん主催「POGアンリミテッド」で指名した
カゼノカムイ が出走します。


カゼノカムイ】 牡 3月29日生まれ 
父  マイネルラヴ
母  ジュエルシャネル
母父 アグネスワールド
生産 荒谷牧場(青森県)
馬主 菅原広隆
厩舎 根本康広(美浦)


前日オッズでは、
フルゲート18頭立ての16番人気。

しかし、この東京開催は出走頭数が多いですね。
阪神開催は一桁頭数なのに。


 1997年 ローマエ指名 第1位 アグネスワールド


父マイネルラヴと母父アグネスワールドという
2頭のスプリント王者の血を受け継いだ本馬が、
どんなスピード能力を見せてくれるか
注目です。

 (逃げ戦法 希望)

青森産ってところもグッドです!!


抜け忍カムイ


まずは、今期の初勝利(初入着)を目指して、

 進め!!『忍者カムイ』




6位 エアグルーヴの2013 指名理由

エアグルーヴの2013 牡 4月23日生まれ
馬名【リメンバーグルーヴ

父  キングカメハメハ
母  エアグルーヴ
母父 トニービン
生産 ノーザンファーム
馬主 山本英俊
厩舎 角居勝彦(栗東)



POGアンリミテッド 指名理由


自己ブログより引用

>私が初めてのPOGで2位指名した馬が、
>エアグルーヴです。
>今でも「一番好きな馬は?」と聞かれれば、
>エアグルーヴと答えます。
>忘れ形見ですから、
>「期間内未出走」でもオッケーです。


 1995年 ローマエ指名 第2位 エアグルーヴ


身内POGの1位から5位までは、
ディープインパクト産駒で固めましたが、
本馬がこの順位まで残っていれば、
必ず指名するつもりでした。


 2009年 ローマエ指名 第6位 ルーラーシップ


全兄ルーラーシップもドラフト時は、

「デビュー時期未定」
「年明け覚悟」

といった感じで、6位まで残っていました。

キングカメハメハの種牡馬としての評価も
定まっておらず、
サンデー系の産駒ほど、
期待はされてないようでした。

年末ギリギリのデビュー戦を快勝して、
結局はダービーにも出走(5着)、
最終的には海外G1勝ち馬となりました。


ドゥラメンテ(本馬の甥)の
この春のクラシックでの大活躍と言い、

 キンカメ×エアグルーヴ系の牡馬は鉄板!!

 (グルトップを除く)


一応、ゲンを担いで、全兄と同じ、
この順位で指名です。

エアグルーヴの「最後の」産駒 という
ロマン派的な思い入れが無くても、
充分期待できる存在だと思います。

あとはデビューの時期と
カッコいい『馬名』ですよね。

 (リメンバーグルーヴ、、、うーん)




5位 ライラックスアンドレースの2013 指名理由

ライラックスアンドレースの2013 牝 4月15日生まれ
馬名【ラルク】

父  ディープインパクト
母  ライラックスアンドレース
母父 Flower Alley
生産 ノーザンファーム
馬主 松島正昭
厩舎 松永幹夫(栗東)



セレクトセール2014(1歳馬)
購買価格 14,500万円
購買者  坂東牧場

牝馬の最高価格です。


母ライラックスアンドレースは、
アメリカのG1ホース(アシュランドS)で、
ステラマドリッド の孫になります。

また、母父Flower Alley は、
トーセンラー・スピルバーグの母である
プリンセスオリビアの仔ですから、
日本に向いた血をたくさん持っています。


ただ、日本での産駒に競走実績の無い母の仔が、
いきなり1億円超で購買されるのは、
かなりレアなケースじゃないでしょうか?

しかも、牝馬なら余計に。


私は馬体を見る目が全くないので解りませんが、
解る方が見れば、もしかして凄い馬なのかも!


もう一つ、凄く気になる事があります。

 生産者: ノーザンファーム
 購買者: 坂東牧場
 馬主 : 松島正昭

坂東牧場は、生産・育成の両方を行っており、
いまやPOGでも欠かせない存在ですが、
過去にセレクトセールで、
購買した記録は有りません。

かなり潤沢な資金力をお持ちの大物馬主さんの
代理購買者として参加ではないかと。

ところが、馬主さんが松島正昭氏だと
明らかになりました。

松島氏って誰?

調べてみると、
松島正昭氏(またはキーファーズ)は
今の3歳世代からの新しいオーナーです。

セレクトセール2014でも、松島氏自身が
1頭(サルスエラの2013)を購入しています。

オーナーとして、2世代目から
牝馬最高価格馬のオーナーになるなんて、
どんな方なんでしょうかね?

また、本馬は、坂東牧場ではなく
ノーザンファーム空港で育成されています。
これでは、坂東牧場との関係も見えてきません。

何やら裏側で、大人の事情が絡んでいる
匂いがプンプンです。

おそらく松島正昭氏は、
かつての金子真人氏の様な
ノーザンファームの将来のお得意様になるべく、
とっておきの馬を回されたのではないかと。

きっとそうに違いない!!

今後も注目です。


過去のセレクトセールにおいて
1億円超で購買された牝馬で、
価格に競走成績が伴ったのは、
アドマイヤグルーヴぐらいでした。

が、しかし、今年、ミッキークイーン(1億円)が
オークスを勝ちました。

本馬が、ノーザンファームと松島氏との
架け橋(L'Arc)となり、
オークスに見事勝利することを期待してます。




4位 ハルーワスウィートの2013 指名理由

ハルーワスウィートの2013 牝 4月9日生まれ
馬名【ヴィブロス】

父  ディープインパクト
母  ハルーワスウィート
母父 Machiavellian
生産 ノーザンファーム
馬主 佐々木主浩
厩舎 友道康夫(栗東)




【またまた、前置き話】

4位指名は、通常のウェーバー方式に戻ります。
指名順は、5番目(6人中)。

ディープ祭り真っ只中ですが、
この順位では、別の種牡馬の仔にいってみようと
思ってました。


狙いは、ダイワスカーレットの2013【ダイワウィズミー】です。

ダイワスカーレットは初仔から取り続けている、
いわゆる『仮想牧場の所有繁殖牝馬』です。

 2012年 ローマエ指名 第13位 ダイワレーヌ
 2013年 ローマエ指名 優先枠  ダイワレジェンド
 2014年 ローマエ指名 第9位  ダイワミランダ

今年は、母と同じ松田国英厩舎の管理となり、
そろそろ大物誕生の予感、、、


それでは、4位指名 スタート!!

 1番目 AD君 「マーキーアトラクションの2013」
 2番目 HY君 「リリーオブザヴァレーの2013」
 3番目 KJ君 「レーヴディソールの2013」


 (何だか、、、デジャヴ感?)


そして・・・4番目 KK君




ダイワスカーレットの2013




またですか。KKの野郎、おぼえてやがれ(怒・怒・怒




【やっと本題】

母ハルーワスウィートには、
サンデーサイレンス系の種牡馬を付け続けていますが、
毎回相手は違います。


競走馬デビューしたのは、4頭。

そのうち、一番の活躍馬は、
ディープインパクト産駒の【ヴィルシーナ】

4頭の中で、唯一の牝馬です。

つまり、本馬と全く同じ。


全姉【ヴィルシーナ】は、
牝馬3冠とエリ女は、すべて2着。
古馬になって、ヴィクトリアマイル2連覇。
活躍は、皆様ご存じの通り。

本馬は札幌デビューの予定となっていますが、
これも全姉と同じ。

ぜひ、成績も同じになって欲しい。

てゆうか、ジェンティルドンナがいなければ、
3冠牝馬の全妹ですよ。


全姉のかたき討ちと
【ダイワウィズミー】をKKの野郎に取られた
私の恨みを、ぜひ晴らして頂きたい。




プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR