今年で4年目!! 《 ローマエ牧場 》2016年産駒ラインナップ紹介

今期POGも残すところ、あと1ヶ月。

そして、来期のドラフト準備を始める時期に
なってきました。

この年齢になると1年が経つのが早すぎて、
正直なところ驚いています。


我が《 ローマエ牧場 》の来期2歳馬の
メンバーはどんな感じでしょうか?

ラインナップを紹介していく前に、
まずは今期の主な愛馬の成績を
振り返ってみましょう!!

 ※青葉賞(G2)終了時点です


< 牡馬ベスト3 >

ステルヴィオ

 スプリングS(G2)勝利
 父  ロードカナロア
 母  ラルケット
 半兄 ボルゲーゼ(元・指名馬)


ワグネリアン

 東京スポーツ杯2歳S(G3)勝利
 父  ディープインパクト
 母  ミスアンコール(元・指名馬)


グレイル

 ラジオN杯京都2歳S(G3)勝利
 父  ハーツクライ
 母  プラチナチャリス(元・指名馬)


< 牝馬ベスト3 >

ラッキーライラック

 阪神ジュベナイルF(G1)勝利
 父  オルフェーヴル
 母  ライラックスアンドレース
 半姉 ラルク(元・指名馬)


リバティハイツ

 フィリーズレビュー(G2)勝利
 父  キングカメハメハ
 母  ドバウィハイツ
 半姉 リーチザハイツ(元・指名馬)
 半姉 ディヴァインハイツ(元・指名馬)


プリモシーン

 フェアリーS(G3)勝利
 父  ディープインパクト
 母  モシーン
 半姉 キャリコ(元・指名馬)


今期は絶好調!!

2歳G1勝ち馬を含め、
重賞勝ち馬がなんと6頭も出ました。

その他にも、

レッドヴェイロン】【オブセッション
フィニフティ】【ロサグラウカ

など、活躍馬が多数いて、
とても楽しいシーズンでした。



ここで、《 ローマエ牧場 》の繁殖牝馬の
定義をおさらいすると、

1.《 ローマエ牧場 》所有牝馬

 ①身内POGで、過去に指名した牝馬 

 ②過去に産駒を3頭以上指名した母馬

2.《 ローマエ牧場 》預託牝馬

 ③過去に産駒を2頭指名した母馬

 ④過去3年間に産駒を指名した母馬

   ⇒ 2016年産の場合は、
     2013年~2015年産の産駒を
     指名した母馬



仮想牧場《 ローマエ牧場 》も4年目です。

2016年産世代も
同じように活躍して欲しいですね。



[父馬名順に表示]-------------
 ※印は【預託牝馬】


[ヴィクトワールピサ]
  母ファレノプシス
 ※母ツーデイズノーチス

[エイシンアポロン]
  母エーシンシルビア

[エイシンフラッシュ]
  母クラシックローズ
  母フィールフリーリー

[オルフェーヴル]
  母フィエラメンテ
  母セレブリティ
  母ビキニブロンド
 ※母スパークルジュエル
 ※母ウィーミスフランキー
 ※母スカーレット
 ※母プリティカリーナ
 ※母ハヤランダ

[カジノドライヴ]
  母テイクワンズアイ

[キングカメハメハ]
  母アドマイヤカンナ
  母グレナディーン
  母ハープスター
  母ブルーロータス
 ※母ディアデラノビア

[キングヘイロー]
  母キョウワエンプレス

[クロフネ]
  母ラベ

[ゴールドアリュール]
 ※母アイランドファッション
 ※母サマーハ

[サクラゼウス]
  母サクラヴィーナス

[シニスターミニスター]
  母エイシンメッチェン

[ジャスタウェイ](新種牡馬)
  母ストライキングアイ

[ジャングルポケット]
  母ボーディーススズカ

[スクリーンヒーロー]
  母コスモルーシー

[タートルボウル]
  母ローザブランカ
  母シャンボールフィズ
  母ポーシア

[ダイワメジャー]
  母アシュレイリバー

[ダンカーク](新種牡馬)
  母シーディザーブス
  母ロイヤルヴォルト

[ディープインパクト]
  母ウィキウィキ
  母ミスアンコール
  母ラヴズオンリーミー
  母クルソラ
  母ドバウィハイツ
 ※母リッチダンサー
 ※母レディジョアン
 ※母ココシュニック
 ※母エレクトラレーン
 ※母ダリシア
 ※母ライラックスアンドレース
 ※母アゼリ
 ※母ダルタヤ
 ※母プラウドスペル
 ※母サロミナ
 ※母オーサムフェザー
 ※母ロベルタ
 ※母マイグッドネス

[トビーズコーナー]
  母サクセスイザベラ

[トランセンド]
  母アンドレルノートル

[ノヴェリスト]
  母ヴェラブランカ
  母サトノエカテリーナ

[ハーツクライ]
  母シルバートレイン
  母レジェンドトレイル
 ※母ゴールデンドックエー
 ※母シャイニングエナジー
 ※母マジックストーム

[ハービンジャー]
  母ツルマルオジョウ
  母クリスマスキャロル
  母グルヴェイグ
 ※母ファシネイション

[パイロ]
 ※母ブロードアピール

[ブラックタイド]
 ※母ショアー

[プリサイスエンド]
  母シアトルムーン

[ヘニーヒューズ]
  母レイナカスターニャ

[マンハッタンカフェ]
 ※母インコグニート

[ヨハネスブルグ]
 ※母マルカジュリエット

[ルーラーシップ]
  母アマファソン
  母サトノジュエル
  母インクレセント
  母ダイワレーヌ
 ※母アドマイヤマリン

[ローエングリン]
  母ミスティックリバー

[ロードカナロア]
  母レディバラード
  母ネネグース
  母クッカーニャ
 ※母モシーン
 ※母ハイドバウンド

[ワークフォース]
  母ローズバド
  母アステリオン
  母スマーティーダンス
  母モスカートローザ
 ※母タックスシェルター


---------------------


以上の87頭です。


内訳は、

 牡馬42頭牝馬45頭

 所有牝馬の仔53頭預託牝馬の仔34頭


種牡馬別のピックアップでは、

 [ディープインパクト] 18頭(15頭)
 [オルフェーヴル]    8頭(7頭)
 [ハーツクライ]     5頭(6頭)

 [キングカメハメハ]   5頭(10頭)
 [ルーラーシップ]    5頭(8頭)
 [ロードカナロア]    5頭(6頭)
 [ワークフォース]    5頭(4頭)

 ※カッコ内は昨年の頭数です


サンデー系は、[ディープインパクト]産駒が
頭数を増やしました。

逆に、Kingmambo系は
[キングカメハメハ]産駒が半減しました。

その他の頭数は、大きく変わらず。

来期も、2大系統が中心になりそうです。

この中に、重賞やG1タイトルを取れる産駒が、
1頭でも多くいてくれることを期待しています。





スポンサーサイト

【ローマエ牧場】 2018桜花賞 出走馬紹介

早や桜の季節となりました。

春のG1シーズンも始まり、
ついに今週はクラシック第1弾【桜花賞】です。

そして今年は《 ローマエ牧場 》の産駒も、
有力馬として参戦することになりそうです。

愛馬を順に紹介していきたいと思います。


----------------------


ラッキーライラック】 牝 4月3日生


2018/03/03 チューリップ賞(G2)


 1着 【ラッキーライラック】(1番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


無敗の2歳女王が迎えた、3歳初戦。

好スタートから少し離れた3番手につけると、
非常に落ち着いた走りを見せ、
徐々に前2頭と差を詰めながら直線へ。

持ったままで前を交わすと、
後ろから来るライバルのリリーノーブルや
マウレアの追い出しを待ってから、
スパートを掛けて突き放し、完勝!!

4戦全勝で本番の【桜花賞】を
迎える事となりました。

抜群の安定感と自在性を兼ね備えた馬で、
しいて言えば「課題が思い浮かばないのが
唯一の不安材料」
とも言えそうです。

ズバリ、完勝を期待しています!!



リバティハイツ】 牝 3月23日生


2018/03/11 フィリーズレビュー(G2)


 1着 【リバティハイツ】(8番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔
  《 身内POG 》指名馬
  《 脳内POGカップ 》指名馬


チューリップ賞に比べると、
例年小粒なメンバーになるレースですが、
今年もフルゲートの大混戦でした。

絶好のスタートでしたが、
控えて6、7番手の外側を追走します。

道中は仕掛けずに、
馬群の中でじっと我慢しつつ、
4コーナーから直線に入ります。

空馬(アマルフィコースト)の横を
すり抜けるようにして馬群の外に出ると、
最後の坂を力強く駆け上り、
見事先頭でゴールしました!!

ここでは伏兵の評価でしたが、
牧場時代から評判も高く、
パワフルなレースっぷりで
前走の雪辱を果たしました。

何よりも【母父・Dubawi】の血を持つ馬が
重賞を勝てたことが、素直に嬉しいです。

本番でも荒れた展開になれば、楽しみです。



プリモシーン】 牝 4月27日生


2018/01/07 フェアリーS(G3)


 1着 【プリモシーン】(2番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔
  《 身内POG 》指名馬
  《 第7回楽燕カップ 》指名馬


好調なシルクレーシング所属なので、
使い分けに苦労しているようで、
3ヶ月振りの実戦は世代最初の
重賞レースに出走して来ました。

道中は中団でレースを進め、
3、4コーナーで外から一気に押し上げると、
5、6頭が横並びの状態で直線に向きました。

鋭い伸び脚で、
残り200M付近で先頭に立つと、
坂下から後続を引き離し、
見事1着で勝利しました。

決して、中山コース向きとは言えない
脚質ですが、今回は力が違ったという印象。

ただ、クラシックに直結しない
フェアリーSからの直行というローテが
どう出るか?

是非ともジンクスを打ち破って欲しいですね!



フィニフティ】 牝 3月16日生


2018/02/12 クイーンC(G3)


 2着 【フィニフティ】(5番人気)
  《 ローマエ牧場 》預託牝馬の仔


2歳11月のデビュー戦(京都)を
快勝した後、休養に入り、
クイーンCがクラシックへ向けての
復帰戦となりました。

フェアリーSに出走していた(6着)
テトラドラクマが逃げる展開となりましたが、
スタート後は後方集団でレースを進めます。

東京の長い直線に入ると、
馬場の中央をグングンと伸びますが、
最後はテトラドラクマを捕えきれず、
2着でゴール。

元指名馬でもある半姉の

 ココファンタジア
 グラニーズチップス

は勝ち上がりにも苦労しましたが、
本馬は早々に結果を出して、
クラシック出走を叶えました。

素質が開花するのはまだまだ先でしょうが、
現状でもどんなレースをしてくれるのか、
楽しみです。



----------------------


以上の4頭が、
桜花賞に出走する18頭に入ってくれました。

・無敗の2歳女王
・トライアルレース勝ち馬
・馬体重のあるディープ産駒
・G1レース2着馬の全妹


非常に魅力あるラインナップで、
もしかすると上位独占の可能性も
有るんじゃないかと、妄想が膨らみます(笑)

この中から勝ち馬が出るのを祈りながら、
明日のレースを観戦したいと思います。





【ローマエ牧場】 預託牝馬産駒 2歳戦回顧

《 ローマエ牧場 》所有牝馬の産駒を、
前回は紹介しました。

特に【ワグネリアン】【グレイル】の2頭には、
ぜひ春のクラシックでG1ホースを
狙って欲しいです。


そして今回は、
《 ローマエ牧場 》預託牝馬の産駒を
紹介したいと思います。


ここで再度、
《 ローマエ牧場 》の定義をおさらいすると、

1.《 ローマエ牧場 》所有牝馬

 ①身内POGで、過去に指名した牝馬 

 ②過去に産駒を3頭以上指名した母馬

2.《 ローマエ牧場 》預託牝馬

 ③過去に産駒を2頭指名した母馬

 ④過去3年間に産駒を指名した母馬

   ⇒ 2015年産の場合は、
     2012年~2014年産の産駒を
     指名した母馬


今年は何と、2歳牝馬チャンピオン
誕生してしまいました。

 ⇒ 【ラッキーライラック

ディープ産駒の半姉・ラルクは、
新馬戦を圧勝し、その後の大活躍を
期待しましたが、今のところ低迷しています。

ですが、オルフェ産駒の妹は、
デビューから3連勝で、
見事に戴冠を果たしました。

まだまだ、未完成な部分もあるようで、
今春の活躍も期待しています。


その他にも、《 ローマエ牧場 》所有牝馬
負けない期待馬が多く、楽しみは尽きません。


それでは、2歳戦で勝ち上がった愛馬たちを、
紹介していきます。


----------------------


ラッキーライラック】 牝 4月3日生

2017/12/10 第69回 阪神JF(GⅠ)


大崩れしそうに無いレースっぷりで、
桜花賞の最有力候補

ラルクを指名した人(自分も含め)は、
ビミョーな心境ですが、石橋脩とのコンビで、
ぜひ大輪を咲かせて欲しいです。



ステルヴィオ】 牡 1月15日生

2017/12/17 第69回 朝日杯FS(GⅠ)


ダノンプレミアムさえいなければ、
この馬もG1ホースだったのに・・・

(実力差はかなりありそうですが)

クラシック路線かマイル路線かで、
かなり結果は違ってきそうです。



オブセッション】 牡 4月20日生

2017/12/02 阪神9R シクラメン賞(2歳500万下)


シクラメン賞のパフォーマンスは
衝撃的でした!!

弥生賞でのワグネリアンとの無敗対決が
今から楽しみです。

楽燕カップの成績もこの馬次第なので、
すがる様な気持ちで応援しています。



マイネルキャドー】 牡 4月6日生

2017/12/16 中山9R ひいらぎ賞(2歳500万下)


今後の活躍を期待していましたが、
骨折でリタイア・・・残念

全治6ヶ月なので、POG期間終了後の
活躍を楽しみに待ちたいと思います。



シュバルツボンバー】 牡 2月21日生

2017/07/09 中京1R 2歳未勝利


こちらも、全治6ヶ月(?)で休養中。

どんな父でもソコソコ走る産駒を出す
優秀な母の仔なので、
兄弟初の重賞勝ちを目指して、
頑張って欲しいです。



シルヴァンシャー】 牡 3月28日生

2017/09/10 阪神5R 2歳新馬


超高額な良血馬で、見事に初戦勝ち。

2戦目の凡走で、
厩舎内での序列が下がったかな?

(池江厩舎アルアル)

春のトライアル出走のためにも、
早く2勝目が欲しいです。



ガールズバンド】 牝 2月20日生

2017/11/03 京都4R 2歳未勝利


母父Dubawi狙いの、個人的ナンバー1期待馬

オークス1本勝負のようなので、
始動はゆっくりですが、
成長した姿を見せて欲しいですね。



プリモシーン】 牝 4月27日生

2017/10/09 東京2R 2歳未勝利


こちらは、フェアリーS(1月7日)から始動。

低迷中の今期POG指名馬の起爆剤
なってくれるのを期待しています。



リビーリング】 牡 1月31日生

2017/11/26 東京4R 2歳新馬


豪華メンバーが揃った
ジャパンC当日の新馬戦を快勝!!

地味な血統ながら、
シックスセンスの甥らしく、
堅実な活躍をしてくれそうです。



フィニフティ】 牝 3月16日生

2017/11/12 京都4R 2歳新馬〈牝〉


半姉のココファンタジアや
グラニーズチップスが期待ほど走らず、
指名回避しましたが、
ステファノスと同じ父ディープに
戻ったとたん、新馬戦快勝。

自分の指名下手が嫌になりました(涙)

次走・エルフィンSで真価が問われます。



サラーブ】 牝 3月18日生

2017/12/10 中山3R 2歳未勝利


シャケトラを始め、優秀な産駒を出す母の仔で、
今後が楽しみです。

どうやら、オークス路線に行きそうかな。



----------------------


今年の《 ローマエ牧場 》は、大豊作です。

●牡馬路線
  
 【ワグネリアン
 【グレイル
 【オブセッション

●牝馬路線

 【ラッキーライラック

●マイル路線?

 【ステルヴィオ
 【マイネルキャドー※骨折休養

上記6頭が2勝以上して、重賞は4勝!!

(身内POGでの指名はゼロ・・・トホホ)

その他にも期待出来そうなメンバーが
数多いですが、まずは全馬が怪我無く、
順調に行ってくれることを願っています。






【ローマエ牧場】 所有牝馬産駒 2歳戦回顧

あけましておめでとうございます。

公私ともにバタバタで、
あっと言う間に師走も過ぎ去り、
ブログ更新もすっかりご無沙汰でした。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



突然ですが、Back to 2008 ⇒

 2008年 4位指名 ミスアンコール

 2008年 9位指名 プラチナチャリス


お気づきの方、おめでとうございます。

 前者は【ワグネリアン】の母、
 後者は【グレイル】の母でした。

今年の牡馬の中でも、
5本の指に入る有力馬の母を、
過去に2頭も指名しておりました。


ちなみに残りの3頭は、

 ●えげつない勝ち方で朝日杯FSを制した
  【ダノンプレミアム

 ●新設G1・ホープフルSを完勝した
  【タイムフライヤー

 ●条件戦でしたが、大物感たっぷりの
  勝ち方だった【オブセッション

あたりでしょうか?

ダートも含めれば
ルヴァンスレーヴ】も入るかな。


何れにしても、
今年の《 ローマエ牧場 》所有牝馬の仔は、
かなり期待出来そうです!!


ここで一応、《 ローマエ牧場 》所有牝馬
定義をおさらいすると、

 ①身内POGで、過去に指名した牝馬 

 ②過去に産駒を3頭以上指名した母馬


では、2歳戦で勝ち上がった愛馬たちを、
紹介していきましょう。


----------------------


ワグネリアン】 牡 2月10日生

2017/11/18 第22回 東京スポーツ杯2歳S(GⅢ)


今年のエースですね!!

近年のディープ産駒は
大型馬の活躍が目立っていたので、
POGでは軽視してしまい、指名せず(泣)

大外を回って、抜群の切れ味の末脚で3連勝

課題は、多頭数で馬群に包まれた経験が
無い点でしょうか?

次走・弥生賞で真価が問われますが、
勝てれば2冠は確定かな。



グレイル】 牡 3月7日生

2017/11/25 第4回 京都2歳S(GⅢ)


今後の伸びしろでは、ワグネリアン以上かも。

不良馬場の新馬戦と
良馬場の京都2歳Sを、
何れも着差以上の強さで完勝!!

特に京都2歳Sで、
後のG1馬・タイムフライヤーを捕えにいった
シーンは、肉食獣のような凄味を感じました。

次走・共同通信杯での走りによっては、
一気に春の主役になれるかも。



シースプラッシュ】 牡 3月3日生

2017/09/09 阪神3R 2歳未勝利


牝系は、南米産の繁殖牝馬の
先駆けと言える存在。

相手なりの堅実な走りで、
2勝目も近いでしょう。



リンガラポップス】 牡 5月3日生

2017/07/09 函館1R 2歳未勝利


父譲りの短距離仕様。

薔薇一族もいろんなタイプが出てきました。



フランシスコダイゴ】 牡 5月1日生

2017/08/27 小倉1R 2歳未勝利


こちらも薔薇一族出身

父ヨハネスブルグなので、ダートでも面白そう。



サンドクイーン】 牝 2月12日生

2017/11/18 福島1R 2歳未勝利


なぜか芝でデビューしたダートの女王候補。
もちろんダートでの初勝利でした(笑)



ダイワメモリー】 牝 3月7日生

2017/09/24 中山5R 2歳新馬


芝2000でデビュー勝ち。

母の出れなかったオークスを狙いましょう。



エトナ】 牡 4月5日生

2017/11/12 東京5R 2歳新馬


バッフドオレンジ系。

父ロードカナロアの勝ち上がり率は抜群で、
人気薄でしたが、見事デビュー勝ち。



ロサグラウカ】 牝 5月4日生

2017/11/18 福島5R 2歳新馬


またまた薔薇一族出身

切れ味よりも、センスの良い走りで先行し、
デビュー勝ち。



ワイルドシング】 牡 4月20日生

2017/11/03 京都2R 2歳未勝利


3冠馬・ナリタブライアンと同牝系。

グレイルと同じく、
話題のカナヤマホールディングスの所有馬。

ダートならかなりやれそう。



ヴォウジラール】 牡 5月5日生

2017/10/22 東京3R 2歳未勝利


母はシンコウラブリイの半妹。

東京競馬場で力を発揮しそうです。



ローザフェリーチェ】 牝 2月2日生

2017/11/12 東京4R 2歳未勝利


薔薇一族の王道・ローズバドの仔。

母譲りの切れる脚を持っていそうな産駒が
久しぶりに出たようです。



----------------------


昨年は【カラクレナイ】ぐらいしか
活躍馬が出ず、残念な結果でした。

逆に、今年は楽しみな馬が
多過ぎるくらいですが、
POGで全く指名出来ておらず
ブログのテーマからもお恥ずかしい限りです。

マカヒキ】以来のG1勝ち馬が出ると信じて、
応援していきます!!






今年もやります!! 《 ローマエ牧場 》2015年産駒ラインナップ紹介

2017年のダービーまで、
残り1ヶ月を切りました。

昨年の今頃は、POG指名馬かつ
《 ローマエ牧場 》生産馬・マカヒキ
ダービーを勝てるか、ワクワクしながら
毎週末のレースを楽しめていました。

が、今年は何だか絶不調で、
まず2勝出来る馬がほとんど居ない。。。


《 ローマエ牧場 》生産馬では、
カラクレナイが唯一の重賞・
フィリーズレビュー(G2)を勝って、
桜花賞に出走してくれました。

POG指名馬では、
アドミラブルが先週の青葉賞(G2)を快勝し、
何とかダービーに間に合いました。

また、上記2頭以外では、
POG指名馬・フローレスマジック
滑り込みで、オークスへ出走できそうです。


しかし、気分はすでに
来シーズンへ傾き気味です。


今年は、ゴールデンウィーク前に、
各POG本が続々と発売されて、
指名馬の検討もすでに始めていますが、
まず気になるのは、
《 ローマエ牧場 》の関連産駒が、
各メディアでどのように取り上げられているか。

まず、【POG虎の巻】をチェック。

おぉー、何頭か写真付きで
推奨されていますね(嬉)

そして、気が付けば、発売されたPOG本は、
ほぼ全部購入してしまいました。


ここで、《 ローマエ牧場 》の繁殖牝馬の
定義をおさらいすると、

1.《 ローマエ牧場 》所有牝馬

 ①身内POGで、過去に指名した牝馬 

 ②過去に産駒を3頭以上指名した母馬

2.《 ローマエ牧場 》預託牝馬

 ③過去に産駒を2頭指名した母馬

 ④過去3年間に産駒を指名した母馬

   ⇒ 2015年産の場合は、
     2012年~2014年産の産駒を
     指名した母馬



仮想牧場《 ローマエ牧場 》も3年目ですが、
2015年産は、なかなか期待出来そうです。


[父馬名順に表示]-------------
 ※印は【預託牝馬】


[アーネストリー]
  母アンドレルノートル

[アイルハヴアナザー]
  母ルビウス

[ヴィクトワールピサ]
 ※母インコグニート

[エイシンフラッシュ](新種牡馬)
  母シーディザーブス
  母エーシンシルビア

[エンパイアメーカー]
  母ローズバド

[オルフェーヴル](新種牡馬)
  母アドマイヤカンナ
  母クルソラ
 ※母ゴールデンドックエー
 ※母ブラックエンブレム
 ※母ウィキッドリーパーフェクト
 ※母ライラックスアンドレース
 ※母サプレザ

[カジノドライヴ]
  母テイクワンズアイ
  母サクラヴィーナス

[キングカメハメハ]
  母プリンセスルシータ
  母パノラマビューティ
  母ギーニョ
  母シルバートレイン
  母グレナディーン
  母ダイワレーヌ
 ※母ディアデラノビア
 ※母エリモピクシー
 ※母ドバウィハイツ
 ※母トゥーアイテムリミット

[キングヘイロー]
  母レッドロザリオ

[キンシャサノキセキ]
  母クラシックローズ

[クロフネ]
  母ラベ
  母カーナヴァル

[ゴールドアリュール]
  母イントゥザライト
  母フィエラメンテ

[シンボリクリスエス]
  母レイナカスターニャ

[スターリングローズ]
  母キョウワエンプレス

[ステイゴールド]
  母コスモルーシー
 ※母ダリシア

[ストロングリターン](新種牡馬)
  母エアウイングス

[タートルボウル]
  母プラチナベール

[ダイワメジャー]
  母アシュレイリバー

[ディープインパクト]
  母ミスアンコール
  母セレブリティ
 ※母スパークルジュエル
 ※母モアザンベスト
 ※母パーシステントリー
 ※母レディジョアン
 ※母ココシュニック
 ※母バイコースタル
 ※母タンタスエルテ
 ※母ウィーミスフランキー
 ※母アゼリ
 ※母エレクトラレーン
 ※母ダルタヤ
 ※母ベルワトリング
 ※母モシーン

[ディープブリランテ]
 ※母ショアー
 ※母モントレゾール

[ノヴェリスト](新種牡馬)
  母クリスマスキャロル
  母ダイワスカーレット
 ※母トレンドハンター

[ハーツクライ]
  母ファレノプシス
  母レジェンドトレイル
  母プラチナチャリス
  母ラヴズオンリーミー
 ※母カリ
 ※母シャルマンスタイル

[ハードスパン](新種牡馬)
 ※母タックスシェルター

[ハービンジャー]
  母アステリオン
  母ルミナスハーバー

[ビービーガルダン]
 ※母ブロードアピール

[プリサイスエンド]
  母サクセスイザベラ

[ベーカバド]
  母シアトルムーン

[ヘニーヒューズ](新種牡馬)
  母ラビアンローズ
  母インクレセント

[ヨハネスブルグ]
  母セレスティアル

[ルーラーシップ]
  母パッショナルダンス
  母ローザブランカ
  母カイゼリン
  母ヴェラブランカ
  母モスカートローザ
  母サトノジュエル
 ※母サマーハ
 ※母シェリール

[ローエングリン]
  母ミスティックリバー

[ロードカナロア](新種牡馬)
  母レディバラード
  母オレンジブロッサム
  母ネネグース
 ※母ラルケット
 ※母アドマイヤマリン
 ※母ハイドバウンド

[ワークフォース]
  母オレンジピール
  母ハッピープレゼント
  母マギストラ
  母ロゼカラー

[ワイルドラッシュ]
  母ピサノガレー


以上の93頭です。


内訳は、

 牡馬50頭牝馬43頭

 所有牝馬の仔57頭預託牝馬の仔36頭


産駒の多い種牡馬をピックアップすると、

 [ディープインパクト] 15頭
 [キングカメハメハ]  10頭
 [ルーラーシップ]    8頭
 [オルフェーヴル]    7頭
 [ハーツクライ]     6頭
 [ロードカナロア]    6頭


昨年は2頭に激減した
[キングカメハメハ]産駒が、
2番目に多い10頭。

さらに、後継馬の
[ルーラーシップ] [ロードカナロア]を
合わせると24頭

ディープ産駒に対抗する一大勢力
なっており、この辺りから活躍馬が出れば、
面白いと思います。

ぜひ、多くの産駒が大レースに出走して、
活躍をしてくれることを期待しています。






プロフィール

ローマエ

Author:ローマエ
競馬とヘヴィメタルが好きな2児の父親です。

正月よりも、クリスマスよりも、誕生日よりも、
POGのドラフト当日が楽しみで仕方ありません。

過去の指名馬や好きだった思い出の馬について、
日々書き連ねたいと思います。

来場カウンター

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


フリーエリア

ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR